スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pがイケメン過ぎて生きるのがつらい。

・そんなこんなで第二回アニマス雑感。

・ロリカルテット回というか伊織回。意外と言えば意外な気もせんでもない・・・というか、わた春香さんのメインヒロイン回はいつd(どんがらがっしゃーん
・Pは『小鳥さん』ではなく『音無さん』と呼んでいるようで・・・意外とそっちの呼称は使われてるようで、あんまり使われてないっぽいので新鮮な感じが。しかしなんだ、このシーンの小鳥さんは婚活を失敗した風に見e(ry
・速攻で尻に敷かれるP・・・なんか、この時点で彼のキャラクターの方向性が見えた気がせんでもない(笑) まぁ実際、Pの性格というか立場を見せるには、伊織は相性良いとは思う。良い意味でPを振り回しつつ、Pもいざという場面では伊織の背中を押せるというか、ある意味ではPとのバランスが良いんですよね、伊織というキャラクターは。
・つーかですね、こんなに可愛いロリっ子に囲まれてるこの男は何様ですかこのやろー!!(※プロデューサーです
・なにこの曲芸集団的宣材。猿双子やら謎ポーズやらまともな写真の方が少ないつーか、まともな写真もプライベート過ぎて使いものにならねぇ。てか、マリリン・モンローってあずささーん!
・アイマス2の看板衣装は765プロ全財産投入のステージ衣装という事実。
・今度からりっさんならぬ、律子大明神と呼ばせて下s(すっぱーん!

・そして始まるOPは『READY!!』 ユメのハジマリ 

・ダンスシーンは勿論アニメ全編通して楽しみにしている部分ではあるのですが、ある意味でそっちはゲームで完成された部分ではあるので、個人的には楽屋とか日常でのワンシーンの方が楽しみだったりするのです。元々、ゲーム本編では、キャラクター同士の掛け合いが少ないから余計に。
・律子と話をしている雪歩がちょっと新鮮だったりするんだけど、実は小説版で同じグループだったり、イラストでも一緒に書かれることもあるあたり、実はそこまで意外でもないのかも。律子はしなやかな強さがあるから、ある意味での雪歩の理想の女性像の一つなのかも。
・亜美真美響の小動物トリオがかーわーいーいー。
・なんか、りっちゃんはアニメだと滅茶苦茶ノリノリで動いてませんか?つか、ホントに楽しそうである。
・舞台袖からステージを見つめる春香さんは実にヒロインっぽい!そして振り返れば仲間がいる的な春香さんは実に主人公っぽい!掛け声をする春香さんは実にリーダーっぽ(ry
・ホワイトボードに書かれた皆の想い。これを書いている皆の姿が見える気がする。
・アニメだからこそ見れるアイドル全員のステージ。いつか叶うことを願って。
・つかOPでなんか妙に長いというかこれでもまだ全然語っていまs(ry

・ところで、りっちゃんって案外出番多いよね。Pという役割もあるんだろうけど・・・しかし、殆ど765プロのお母さん状態である。
・今時とんと見ねぇよこんな眼鏡の演出!(笑) だがそれがいい。この妙な古臭さがアイマスの味の一つと思うんですが、どうでしょ?(誰に聞いてんだ?
・緊張で青ざめるはるるん可愛い!(ちょっと待て 
・一話だと距離があるように感じたはるちはですが、普通に春香の心配してるので、気のせいなのかしらん?でも、今んとこ春香としか絡みないしなぁ。
・まさかのサプライズ登場木星。春香の反応のさせ方(暫く見てたし)をみると、今後も登場予定なんかね?
・フリフリを何回言う気だ真(笑) そしてやっぱり皆から突っ込まれるのであった。
・ロリカルテットのリーダーポジションないおりん・・・リーダーというか振り回されてるだけな気もせんでもない。けど、伊織って、こういうノリには参加せずに、離れて見てるイメージだったけど、案外同年代の輪の中に入ると、こういった姿も見せてくれるのかもしれない。どんなに大人びようとしても、まだ14歳なんだから、友達と素直に笑える方が良い。
・ステーキやよいの表情が素晴らし過ぎる(爆)
・ピンポイントで可愛過ぎるあずささん。なにこのかわいーいーひと!(ウルフルズ的な感じで
・あずささんのまんざらでもない笑顔も含めて、りっちゃんに呼ばれたPの反応がまるで嫁のウェディング姿に見惚れてた新郎にしか見え・・・ん、新郎?否!!俺が、俺こそが!あずささんの新郎d(どんがらぐわっしゃ!
・『あずささん、素敵だよね』
・こうね!大人の女性に憧れる少女ってね!幼女ってね!あぁ、ああぁ!!(黙れ
・それはさておいて。補完的に描写されることはあったけど、やっぱりあずささんって、765プロの中では憧れの存在なんだなって。意識して出た言葉じゃないと思う、やよいだからこそ特に。
・挿入歌は『私はアイドル』 アイマスの楽曲が挿入歌として使われるのは予想してたが、タイトルまで挿入されるのは流石に予想しとらなんだ。しかし、この曲はこの子らが歌うと背伸び感が良い感じに出るなぁ。
・倒れるうさちゃんだけが今後の展開を知っていた・・・わけでもないけど、まぁ、そーなるわなーという感じのノンストップ☆ロリカルテット。
・やよいの癒しっぷりが半端ない。
・いや、なんだかんだと言われてるアニメ版アイマスですが、実際アイマス好きな人がやってると思うんだよなぁ・・・ピヨちゃん とか。
・つーか、柱とかアオリとか無駄に凝ってるんじゃねぇよ!!(爆
・一方的に怒らずに、四人の話も聞いて、一緒の目線になって考える。こんなおとなにわたしもなりたかった(遠い目
・アイマスアニメで一番心配だったのが、Pというキャラクター。正直、アイドル達に関してはそんなに心配してなかったんですが、Pは実質的にはオリキャラですから、ある意味で彼の存在がアニメの方向を決めると思ってたので。Pとしては確かに新米なんですが、大人としての良識あるいは立場としての考えは持ちつつも、一緒に成長していってくれそうです。まぁ、先は長いので、彼の成長も見守りましょうか。
・次回予告で主役っぽい扱いをされた美希登場・・・や、ある意味で目立ってたけどね、確かに。今度から次回予告は信じないようにしよう(ぉ
・美希と伊織。フィーリングだけで相手の本質を察するからなぁ、美希は。伊織も分ってはいるんだろうけど、色々なものが邪魔してるんだろう、プライドとか意地とかが。だから、素の自分を見せられない、あるいは信じられない。
・しかしこうしてロリカルテットと同じ画面で見ると・・・ホントに同年代なのかと。つーか、最近の美希は大人っぽく描かれ過ぎだと思うの。全然問題ないけど。むしろ押し倒して埋もれたいd(黙れ
・『リズムで撮ってね』
・やはり天才、あるいは天性とでも言うべきか。星井美希という存在。生まれながらの、存在そのものがアイドル。言動に戸惑っていたカメラマンも、引き込むその"力"は圧倒的だよなぁ。あと、最後の笑顔が可愛い。これ重要ね。
・僕らのアイドルはるるん登場!・・・なんだけど、美希の後だと・・・その・・・すごく・・・普通?
・今日もいただきました \どんがらがっしゃーん!/ ぱんつがみえない。
・最後の笑顔は俺に向けたものです(断言
・イケメン王子様オーラ出し過ぎである真。つか、ジャニーズ過ぎる。あと、ピヨちゃんの親戚がこんなところに!(違
・清純派アイドル雪歩・・・そんな貴女が好きでした!(何 初期の頃は雪歩好きだったとかそういう話。
・何故ハム蔵の言葉が分かるんだ響・・・響だからですね。しかし、貴音嬢といい、こんなキャラだとは当初は思いもせなんだ。
・『いいわよね』 ありのままの自分といてくれるヒトがいて。
・やべぇ、不自然な笑顔の千早を凄く見てぇ・・・!あ、9393は簡便な!(9393
・『褒められても微妙です』 なんだかんだといって真面目なちーちゃんである。あと、見事な絶壁とか言うな。思ったけど(ぁ
・本当は自信がないのに意地っ張りで、見栄で隠して。褒めて欲しいのに、褒められる事に慣れてなくて。でも、芯の通った一本のプライドを持ってる。それが伊織という少女。
・やよいは可愛いなぁ!!そして、ハイタッチいただきましたー!
・りっちゃんとピヨちゃんコンビは今後も色々とやってくれそうです。

・まさかの 伊 織 単 独 E D 。
・え、何?EDってスポット当たったアイドルの描き下ろし単独EDなの?1クールだとギリギリ・・・って、1クールじゃなくて2クールなの!?( 今 更 ァ ! ? )
・ひとりぼっちの屋敷、ひとりぼっちの食事。ともだちはうさぎの人形だけ。撮った写真の笑顔はさて本当だったのか。
・敗れた人形を泣きながら必死に直す伊織。彼女の性格を知れば、本当に大切な存在だったと良く分かるシーンですな。しかし、アイマス追ってたらにやりとするシーンがあって良いですね、アニメ版。
・い お り ん マ ジ 天 使 。

・次回は雪歩回・・・雪歩回、だよね?(聞くな
スポンサーサイト

アニメですよ!アニメ!!

 そんなこんながありまして、思い付きでアニメ版アイマスの雑感なんぞをやってみるテスト。ちなみに、例の如くいつまで続くか未定。とりあえず、最終話まで続くことを祈りつつも多分無理だと思うに1000マイクロポイント(何 あと、当然ながら未視聴組に考慮を全くしとりませんので、見てない方は今すぐ曲がれ右推奨。

・このブログでアイマス話をするのが相当に久々なので、当時の勢いは流石に無理かなぁ。って、別にアイマスから離れてたわけでもなく、それまでとは全く違う場所でやっぱりアイマスに触れてはいたのですが、感覚的には2年前で止まったまんまかも。ちなみに、SPとDSと2は時期とか環境が全く噛み合わなかったので、未プレイ。あとDSなら漫画版を読んでるという状態です、はい。

・全体を通して変わった演出つーか、ドキュメンタリー?な構成にちょっと驚きつつ・・・まぁ、最後にネタばらしというか、ぶっちゃけPがアイドルに密着取材!な感じでビデオ撮影してましたという話でしたとさ。まー、この1話の構成に関して色々と話を聞きますが、個人的にはこーいった話も良いかなーと。つか、メインキャラが13人+αで未プレイの人も見るとなると、ってのもあるし、『アイドル』という要素を生かすなら、こういったホンモノっぽい作りもいいんじゃないかと。
・ぶっちゃけ、動いてる彼女達を見れるのなら、細けぇこたぁいいんだ!(ぉ
・動いてる春香さんに素晴らしく感動。そして、お約束とはいえ、どんがらがっしゃーん!をしてくれるはるるんに女神を見た。むしろ天使(意味が分りません)
・ところで、密着取材だという前提で見返すと・・・朝っぱらから頑張ってるちゅーか、電車の中で美少女追いかけてビデオを回すというちょっとアブナイ人になってるとかいうのは秘密である。
・少女向け雑誌見て照れるまこりん可愛すぎである。色々あった2の外見変更ですが、個人的には賛成派。つーか、2の真は好みど真ん中だったりします(ぇ
・相変わらずボロい765プロ。だがそれがいい。個人的にはどんだけデカくなっても、最終話はここに戻って来て欲しいと思う。まぁ、そんなことより、春香のスカートの中身が見えn(どんがらがっしゃーん!

・『765プロへ、ようこそ!』 そして、ここから始まる私たちの伝説。


・イケメン度がアップしまくってるりっちゃん・・・むしろ、りっさん、いや姉御と呼ばせてくだs(すっぱーん! 個人的にはPスタイルも好きなんだけど、アイドルしてる姿も見たい今日この頃。最終話だけなんかね、アイドルスタイルは?
・あと、小鳥さんがすごくデキる人っぽいな!(※元々優秀です
・『秋月子』ってのは、突っ込み入れた方がいい?
・しかし、亜美真美動き過ぎである。つーか、作中で一番動いておらんか?あと、『うにゃあ』って可愛すぎだろこの双子!
・765プロ初の本格・アホの子もとい、野性児・・・もとい、ナチュラル少女、響登場。表情ころころ変わっておもろい娘であるし、ギャグ顔も増えそうである。つか、ハムのエサを喰うな!(笑) あと、そのことに誰も突っ込まないのか765プロ。
・2やってないってのもあるんだけど、こうしてアニメで見てみると、響小さい・・・というか、亜美真美デカイのか。なんか、背丈ってイメージで補完してるとこもあるので、ちょっとキャラ間での身長差に驚く。
・いおりんのいたずらに慌てるゆきまこ・・・設定的には、出会って半年なのに、みんな仲が良くて嬉しいねぃ。
・スコップを持ち出した雪歩を宥めるやよいが実にお姉さんで微笑ましい。誰もスコップには突っ込まないのね・・・てか、給湯室以外で何処掘ったの雪歩さん!?
・実にいおりんである。あと、ガルウィングが!!
・iP〇dに興味深々な千早であったが・・・アレッ、千早って機械音痴だったけか?あーでも、なんか、オーディオ機器(つかイヤホン)とか、”音質”とかには拘るけど、機械そのものはあんまり興味ないかも。そして、得意気に話すはるるんが実にはるるん。
・ところで、春香との会話が噛み合ってないというか、微妙に距離感あるよーな気がするのは、今後の展開で千早に関してのクローズアップがあるからかね?
・あずささんが実にあずささん過ぎる(笑) つーか、貴音嬢とあずささんが会話すると、なんか、そのすごいね(何が)
・ハム蔵は俺と変われぃ!!
・『胸おっきいよ?』 
・聞き慣れた台詞なのに・・・なのに・・・こう、無駄に破壊力があったんですけどおおおおおおおおおおおおおお!!?
・中の人のナイス演技の恩恵か。
・ゆきまこが色々と駄目過ぎるー!(笑) りっちゃんの胃が実に心配です。
・やっぱり春香といえば『太陽のジェラシー』ですね。なんか、半ば忘れられつつあるのですが、持ち歌設定ってのがあったんだよなぁ。
・小鳥さんの着メロがー!着メロがー!!(嬉) こういう細かいところに拘りとかネタを仕込んでると実に嬉しい。あと、尻がエロい。
・『お願いされちゃいましたね?』 はるるん可愛過ぎるだろがー!あと、動作が色々とあざといが、可愛いから全部許すというかむしろもっとやって!!
・『私には歌しかないから』
・実質的には765プロの誰かと絡んでる描写がなかったり、この台詞とか考えると、千早が心を開いていく流れをアニメの骨子にする・・・とは考えにくので、数話に渡ってするのかな、そのへんを。
・ベクトルは違うけど、貴音嬢もクローズアップするんかね?ていうか、しないと言動の意図分らんしなぁ、ある意味、千早以上に。
・街中でキメポーズってあずささーん!あと、ポーズで無駄に動き過ぎでのこだわりすぎだろおっぱいありがとうスタッフさん!!
・このCMでいいのか水瀬グループ!!(笑) このーきなんの木きになるk(ry
・随所で入る765プロの日常が嬉しい。彼女達の絆が見えるようで。
・社長が出たときには驚いたのですが、2設定では社長は従兄の高木順二郎ということで、中の人は大塚氏。そして、遅まきながら、徳丸氏のご冥福をお祈りします。
・アニメでシルエットってのは難しいので、顔は隠すという方向での演出ですが、このへんは色々と分ってくれてるなぁ、という思いがありますね、アニメ版アイマス。
・『貴女にとってアイドルとは?』
・このへんは、やっぱり変わらずですね、みんな。そして、まっすぐな少女の瞳は変わらずユメを追い続ける。
・ところで、行き帰りで服が何故変わってるんですか春香さん?
・ダンスシーンが!ダンスシーンが!!なんか色々と動いてたり可愛かったりですげぇ!?・・・んだけど、OPなんかね、これ?アレッ、でもOPって『The world is all one!!』じゃなくて『READY!!』だから、映像は流用つーか、そもそもEDにOPをもってきたんじゃなくて、これがEDなんか( い ま さ ら !?)
・EDで色々と話せるんだけど、それは次回ということで。
・つか、半年間Pがいない事務所ってどうなんだ765プロ!(笑) りっさんの苦労が忍ばれます・・・ん、てことはりっちゃんのアイドル時代って滅茶苦茶短くないか・・・?
・色々と憶測が飛び交っていましたが、Pは登場ということになりましたとさ。色々と苦労するだろうが、頑張れ、新米P!
・これまで色々なPがいましたが、アニメ版ではイケメン眼鏡の真面目そうというか草食系というか・・・うん、胃潰瘍に悩まされそうなタイプだね!(その結論はどうか)

・来週も皆可愛いなぁ。可愛いなぁ!!

Pagination

Utility

プロフィール

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。