スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活しても更新なしってのもどうよ。

まあ、復活したところで相変わらずの放置ブログなわけですが、絶賛応援中のなのはStSの話などば・・・・・・って、前までの形式で書くと流石に死ねるので、取り合えず新OPの話などば。

・最初OPの歌だけ聞いたときは、正直かなり微妙じゃね?とか思っていたり、視聴一回目もあんまり良い印象はなかったのですが、数を聞き込んでいくほど気に入っていきましたね、今回の新OPは。
・元々旧OPでもスバルは主人公的描写だったのが、新OPでは名実共に主人公で、特にサビ部分のスバルvsノーヴェとかは滅茶苦茶燃えます!ていうか燃えなきゃ漢じゃねぇ!(*魔法少女アニメです、一応)
・反面他の新人’sは出番減っ・・・てるようで、そんなに減ってないのか?ティアの弾幕は既に(同時発射数だけなら)なのはを凌駕してるし(ダガーモードのクロスミラージュでも撃てる?)、エリオはガリューと戦ってるのですが、これって彼らがそれぞれ守りたい相手である、キャロとルーテンシアが戦うからこそなる構図?なんとなく、お互いの戦う理由がありそうな気もするんだけどなぁ。一部ではガリューはオリジナル・エリオというネタもありましたが、色々齟齬が出来そうだし、流石にそれはないか・・・。
・あとヴォルケンは犬とシャマルゥが完全退場した影響で、ヴィータとシグナム姉さんの出番が倍増。特に今まで戦闘ではほっとんど活躍がなかった姉さんがゼストと戦ってるので、今後に期待大。
・で、サビ以降のフェイトさんがありえないほど格好良いんですがッ!!もう燃えとか萌えとかそんな領域じゃねぇ。9歳フェイトも十二分に俺を悶死させて下さりましたが、個人的にはフェイトに関しては19歳を推したいと思います。ていうか、ほんといつの間にフェイトスキーになったんだ、俺?
・イクシードモードで空を翔るなのはさんと相対する黒い影は多分ヴィヴィオ(聖王ver.)で、今後の事考えるとなのはは辛いでしょうね・・・。あ、その後のヴィヴィオの情熱的なダンスに関しては基本的に突っ込みなしの方向で(あれ、描写が半分くらいの時間なら突っ込みはなかったと思うんだけどなぁ)
・スバル式ディバイン・バスター→なのはのディバイン・バスター→なのはとスバルの背中合わせ。こう新旧主人公・・・というよりもダブル主人公の魅せ方としては非常に上手いなぁと。
・やっぱなのはのOPはどれも良いですねー。あとは、このOPの熱さを本編でどれだけ展開してくれるかに期待です。

なんのかんのと言われている3期ですが、個人的には十二分に面白いです。まあ、そりゃ突っ込みどころがにわけじゃないというか、むしろ突っ込みどころ満載なわけですが、元々なのはという作品自体がそこらへんの突っ込み上等!熱さと勢いでカバーだ!な感じなので、むしろ許容出来ない人間は向いてないと思います(まあ、流石にナンバーズの多さは多少なりとも本気で突っ込みましたが) あと展開の遅さに関していえば、元々なのはは両極端な要素(所謂ジャンプ的な戦闘と日常描写)のどちらも需要がある作品で、前二作はその二つを上手い具合に分散させたのに対し、今作は前後半で分けたのも一つの原因かな、と思います(3期の舞台を考えると仕方ないのですが)
何はともあれ、物語に配置された全てのキーが揃った今、全ては結末に向かって突っ走るだけ。
ヴィヴィオに待ち受ける運命とは?
囚われの身となったギン姉の今後は?
ゼストとレジアスの因縁とは?
ルーテンシアの願いの果てにあるものは?
まだまだ語られきっていない謎もありますが、今はただ機動六課の皆の軌跡を見守りたく思います。

ていうか、ダブルリボルバーナックルまだー?

Pagination

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。