スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝け!アイマスグランプリ!~自己満足編~

【ルール発表!】
・そのキャラクターに対してのターニングポイントとなった作品。
・1アイドル1作。
・PV系作品のみで、描いてみたやアイマスネタは除く。
・基本ガチ系。
・メインであれば複数キャラでも問題なし。

まぁ、こんな感じで以下発表。

〔春香〕

こんにゃくP。ぶっちゃけ、愚民動画から春香を知っていったので、どうにも白春香が慣れなかったのですが・・・この動画で一気に目が醒めた。そして気が付けば春香スキーへの道へと突っ走る俺。ほんと、ありがとう、こんにゃくP!冗談抜きでこれなかったら白春香作品見てなかったのは間違いないです(笑)

〔雪歩〕

シラカワP。今まで自分の中では小動物的な可愛さ『だけ』だった雪歩が、儚さの中にも凜とした強さを持っている女の子と思うようになった切欠の作品。この作品を見てから、雪歩作品の見方が変わってたと思う。

〔千早〕

ダムP。千早作品の方向ってガチとネタが両極端でかなり難しいのですが・・・千早ならこれかな、と。ここまで動画を『歌』そのものに全てを懸けた作品は他にないと思う。それは同時に歌に全てを懸ける千早というキャラクターを体現している気がしてならないんです。

〔美希〕

ねこP。最初の頃自分が知っていた美希の情報ってコミュばっかで、しかも内容があれなだけに美希は敬遠していたのですが・・・これを見て、美希もまた輝きを持つ女の子だと思い知らされましたねー・・・。これ見てなかったら覚醒美希を知るのはもっと遅かった筈。あと、この作品でようやくMAの存在を知った(笑)

〔真〕

犬P。乙女な真を見たのはこれが始めてで、そのあまりの可愛さに当時は相当悶絶しました(見直したら今でも悶絶) それまで真=男前という認識しかなかっただけに、この作品が俺に与えた影響は計り知れません(まっこまこ的な意味で)

〔あずさ〕

RidgerP。えー・・・今更この作品に対して自分如きが何を語れと?(真顔) まさしく『聖地』と呼ぶに相応しい作品。アイマスを知らぬ自分ですら見返したこの作品の輝きは、今でも色褪せません。

〔律子〕

RidgerP。自分の中で『律子=格好良い』という認識をもたらすに至った最初の作品。可愛いりっちゃんも好きですが、やはり律子は格好良い女であってこそ輝きを放つのだと思う・・・まぁ、乙女なりっちゃんも好きですよ?

〔伊織〕

ありすえP。正直、最初の頃は伊織という存在ではなく、ツンデレキャラという認識だけしかなかった自分に、初めて伊織という存在を教えてくれた作品です。これがなかったら伊織作品殆ど見ようとしなかったのは間違いないだろうなぁ。あと、いおやよを始めて知った作品でもあります(笑)

〔やよい〕

えこP。これ見た頃はまだキャラクターを全然把握していなかったのですが、それでもこの女の子(やよい)は凄く明るくて元気で、楽しい子なんだろうなぁ、って自然に思えましたね。そして、今なら分かるこれの凄さが(笑) 

〔亜美真美〕

これだけは貼るまい、と思ってたんだけど・・・やっぱこれしか思い浮かばなかった(笑) とかちつくちて→アイマスの流れではなく、アイマス→とかちつくちて、で知ったので、実は最初は何がなんだか分からなかったんですよね。で、タグ巡って見たのがこれ。そして、ようやく亜美真美認知という・・・酷い話です(爆)

こっからは裏話(ってほどでもないですが)なので、以下隔離。
いやー、思ってた以上に難しかった(笑)

 春香・雪歩・伊織は結構あっさり決まったんですよ。上でも書いた通り、それまで抱いていたイメージと全く違うモノを与えてくれたんで、記憶に強く残ってました。
あずささんとりっちゃんなんかは、どちらも代表作ですからねぇ・・・しかも、どっちもRidgerP作品という(笑) そんなわけで、この五人はこれだ!っていうのは直ぐに出たんですが、問題は残りのメンバー。
 亜美真美とやよいのソロPV系最盛期って自分が参入する前で、入った後はロリトリオで扱われる事が殆どだったんですよね。個別に見ても、亜美真美は紳士動画がメインで、やよい はソロ作品数自体が少なくなってましたし。元々ロリトリオはそう見ない事もあって、かなり難しかったですねぇ。
 美希と千早に関しては、かなりの候補があったんですが・・・この候補が多い多い(笑) 千早はぶっちゃけ萌えキャラから入って徐々にガチ作品を好きになっていったので絞りにくい。け萌え動画ならいくらでも上げられる自信がある(爆) 美希は正直覚醒前後どっちから見出したのかがはっきりしてない(多分、覚醒美希と美希が同じ人物だと最初気付いてない)し、精力的に見出したのもかなり後発だったので・・・あと、この二人って他のキャラ以上にバックボーンとシナリオが色濃くでる作品が多いってのも難しくしていた原因かなぁ、と。
 真は他のメンバーに比べたら楽だったんですが・・・ソロのイメージが致命的に薄いのが辛かった。ゆきまことかACMの方がイメージ強いですからねぇ、この娘の場合。
 と、まぁそんな裏話もありつつ、楽しんでいただければ幸いです。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/112-6bb65fd4

Comment

シラカワ

あけましておめでとうございます!!
ブログ見に来ました。
一生懸命作った物なので本当に嬉しいです。
これからも、ゆっくりまったりやっていこうと思います!

  • URL
  • 2008/01/01 01:27

管理人。

 あけましておめでとうございます!
 こんなド辺境ブログへようこそです、シラカワP。『秋色』の雰囲気が好きで当時は何回も見返しました。そして、あの雰囲気がそのまま自分の中の雪歩像に、あるいは無意識下にあった雪歩像に直結したのかなぁ、と。
 これからも生まれてくるであろう作品の数々、楽しみにしています!!
  • URL
  • 2008/01/02 01:10

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。