スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのはStS感想 第一話『脱出は空への砲撃なの! らしい』

 ほんとは地元の本放送(KBS京都あたり)まで見る気はなかったのですが、友人経由で見る事が出来てしまったのでフライング視聴。せっかくなので、暫く感想など続けてみようかと言いつつも、未だにきちんと感想を続けた事がな(ry

【OP】
・元々なのはのOPはどれも良かったのですが、ここにきて更に磨きが掛かってる。水樹奈々嬢の楽曲は更に魔法少女のものではな・・・っていうか、それは既に一作目からですが、より疾走感溢れる感じに仕上がってます。やべえ、CD買うかも?(笑)
・OP冒頭のなのはから拳を握り締めるスバルへの流れは、個人的には世代交代的な(・・・凄い表現)新しい世代へのバトンタッチの表現なのかなぁ、と。まあ、なのはは現在でも現役というか管理局最強の破壊し(スターライトブレイカー
・前作キャラの貫禄が既に19歳じゃねぇー!(笑) あと、はやてさんがものごっついボス化してます。ちなみに、ちびリィンが予想以上の破壊力を持っていた事を本編で味わう事になるとは、ここでは知る由もなかったのです。
・八神家でザフィーラが既に犬形態でしか出てない事に前作のフェレットと同じ運命を感じ・・・あれ、淫獣何処いった?
・へ・・・変身したー!?しかし、フェイトはまだしも、なのはのバリアジャケットってほんとファンタジックというかなんというか(笑)
・艦長席らしき席に座るはやてさんを見て、種運命を思い出すあたり、何だかんだと言いながらも種運命に関する思い入れはあるらしいです。
・サビ部分の新キャラ一斉攻撃気合入ってるなぁ。前作キャラって基本的に単機でトップランクの実力を持っていただけに、新キャラは協力する事が多そう。まあ、作品の方向性からも多いでしょうが。あと、新キャラ組ではやっぱスバルが主役格っぽい。
・なんか今回のキーポイントになりそうなキャラが・・・・・・ライダー?(殴) 機動六課が新設される所以となったロストギアっぽい。
・なのはとフェイトの合体技・・・すでに魔法少女のエフェクトじゃねぇ。そんでもって攻撃範囲がどう見ても対軍、対城クラスです。本当に有難う御座いました。
・主要キャラが素っ裸=種という図式なのはどうしたものか。なんかよく分からないオブジェクトもあるんですが、こっちがロストギア?んー、どうなんだろ。あと、ギンガ姉も結構物語に絡むのかな、ここに出てるって事は。
・で、主要キャラ全員集合。続編に前作キャラが出る事に関してはA’sの時で全く問題ない事は実証されているので心配はしてませんが、それでも多いな、ほんとに。あと、最後までザフィーラが犬形態でした・・・まあ、出てない前作の男キャラよかマシだ、犬。
・なんかOPだけでやたらと長くなったなぁ(頭抱え)

【本編】
・スバルの過去話。ここらへんは前情報で知ってたのですが、やっぱ今回の話の中核に関わる出来事になるのかな、この火災。
なのはさんが、魔砲以外で障害物を止めた―!?
・なのはの声がかなり落ち着きのある声になってますねー。続編としての時間経緯としては結構微妙なとこであるStrikerSですが、成長したらこうなるのでは?と思える声色です。声優さんって1歳単位で声色を変えれるというのを聞いたのですが、やっぱすげぇ。
・最早なのはさんの貫禄が『さん』付けがデフォルトになってるなぁ。ここにきてようやく、実年齢と外見年齢と精神年齢が合致したようです(爆)
と思ったら、やはりなのはさんはなのはさんでした。
・脱出口=砲撃痕 なんという力技。てか、ディバインバスターの威力が更に上がってます。どんだけデカいんだ、砲撃痕。
・そりゃこんななのはさんに助けられれば、憧れの人になるよなぁ、スバル。
・こんな事故に遭った直後でも、ただまっすぐに自分の進みたい未来を見据えたスバルは、本質的には強い娘だと思います。
・試験話。
ちびリィンがめがっさ可愛い件について。
・声優さんが変わったとの事ですが、元々A’sの時には一言しか喋ってなかったので、全く違和感ないです。・・・てか、ちびリィンの中の人が、某ギアスで『頭でっかちの童貞ボーヤ』とか言ったとか信じられんなぁ(笑)
・はやてさんの足が治っててほんとに良かったです。しかし、声あんまり変わってないなぁ。まあA’sの時点で八神家の母親でしたので、そこらへんの影響でしょうか(違) まあ、はやては幼少から『死』と向き合わざるを得ない境遇から非常に成熟した精神を持っていたので、そこらへんの成長度合いの差かな、と。
・フェイトはなんつーか、大人の女性?物腰一つとっても非常に優雅そうです。今回はなのはさんの教え子になるスバルとティアの話がメインなので、あんまり出番なし。次回に期待、です。
・なのはさんは、全体的には落ち着いた印象があります。まあ、10年も経てばそりゃ落ち着くのでしょーが(笑) とはいえ、無印から見ている身としては非常に嬉しいやら寂しいやら・・・娘を嫁に出す親の気持ちってこんな心境なんでしょーか?(待たんか)
・なのはというかアニメ業界伝統なのでしょうが、やっぱ一話の作画(というか絵コンテ)って気合入ってるなぁ。あと、なのはは作画に関して色々言われてますが、種とかゾイドとか見ていた身としては、多少の作画崩れなんて問題ありません(大暴言) 作画監督によっては全然違うキャラと化していたからなぁ・・・(遠い目) 昨今の視聴者ってアニメに高レベルを期待し過ぎてる気がします。そりゃ、京アニとかギアスとかのレベルにある事に越したことはありませんが、あんなレベルそうそう出来ないだろうし。
・スバルのリボルバーナックルがシェルブリットとかブロウクンマグナムにしか見えません。本当にありがとうございました。
・ティアさんが素晴らしくツンデレキャラなのですが、基本的にツンデレ属性ではありませんので、現段階ではわりとフツーに見てます。デレられるとどうすっ転ぶか分かりませんが。
・スバルは本当にまっすぐな娘だなぁ。なのはとフェイトはお互いが既に確固たる意思と力を持った上でのコンビに対し、スバルとティアってどっちも未熟だけど、それ故にお互いが補い合ってお互いの力を引き出し合うコンビかな、と。まあ、なのはとフェイトは初期値からにして桁違いなのですが(・・・)
・全力でターゲットをぶっ飛ばすスバルさんに、なのはの遺伝子を垣間見た。ていうか、どう見てもブロウクンファントムです。本当にありが(ry
・魔力全開!→止まる事を考えていないスバル。いいなぁ、こういう全力馬鹿は大好きだ(笑)
なのはさんが砲撃魔法以外で人を助けた―!?
・全体としては続編を待っていた視聴者にとっては大変美味しい第一話でした。ただ、StrikerSから見始める人にはちと微妙かもと思いますが、そんな人はそう多くないでしょうし、そもそもそれは続編ものが抱えるジレンマみたいなもんだと思うので十分な出来ではないかと。

【ED】
・やっぱなのはさんが主人公の模様。
・作品内でのなのはの年齢に合わしてか、田村ゆかり嬢の歌い方も若干(結構?)大人っぽい歌い方してらしてますね。
・スピカと聞いて、某キララクサイトの某半球さんの、ヤマト夫妻の娘を一番に思い出したのは自分だけでいい。

【次回予告】
なのはさん、は い て な い (吐血) 
・三人とも裸Yシャツとかはやて師匠の胸元がエロいとか色々あったのですが、上記の件で次回予告どころか本編全部の内容持って行かれた。まあ、画質が悪かったので見間違いかもしれませんが・・・・・・それにしても、まロい・・・。←いい加減黙れ。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/17-d99b2d48

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2007/04/03 15:46

管理人。

タイトル変えはデフォだけど、きっとそのうち止めるよ?(殴)
面白可笑しい感想は書けんので、迸るこの妄想もとい感想を書きなぐってみました。
ていうか、地元だって深夜アニメが見れるとは限らんのだ・・・!(頭抱え)
  • URL
  • 2007/04/03 21:56

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。