スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は最終面接なんだぜ?

 自分の場合は外に出すより、中に溜めて自分で処理する方が手っ取り早い・・・エロじゃないよ?(・・・) とまぁ、冗談はさておき。毎度の如くの症状なので、ちょっと頭冷やしてきますわ。しかし、ほんと器量の小さな人間だな、俺。あと正直、視聴者サイドの方が問題かもしれんね、この界隈。閉じた空気は澱むしかないわけで・・・どうでもいいか。ま、所謂自己嫌悪にしかならんけどね、この手の話題は。ところで、ACfaやりたいけど金がねー!プラチナは当然ながら中古もかなり先だろうしねぇ・・・現実逃避もしたくなる。

【久々に追加ー】
 というわけで、久々にPさんのブログ以外を追加させていただきました。キリコ様の『ティンときた!-勝手にまとめるアイマスMAD-』さんです。作品の紹介分が凄く読みやすいので、わりと毎日に首突っ込んでます。自分が普段見ない方向性の作品の紹介あったり、何より読んでいて楽しい文章が素敵。
 あと、Pさんブログもこっそり追加中。『お前になんぞ貼って欲しくないわい!』って方がおられれば、是非フルヴォッコにしに来て下さいませ。
 
【・・・あれ、結局何もしてないぞ、今日】
 週末は本当にアイマス動画凄い事になるなぁ。あと、ようやくサバイバルの投票終わった!まさしく最終血戦に相応しい作品ばかりだったぜ・・・!雑感はいつもの如く追記に格納。
(追記)てか、待てこの量。生誕祭でもないのにこの量は・・・これは流石に分割もしくは翌日移動しなけりゃならんかも・・・?


ちつぷP。まったく、この人のコメントも相変わらずだなぁ(苦笑) 今日もまた幸せになってくれた”春香”がここにも一人いてくれました。春香好きとして感謝の言葉を。ありがとう、ちつぷP。ところで、数年後に髪の伸びた春香(ワンピース着用)とPが再び出会うという絵・・・ぶっちゃけ、俺が脳内に描いていた絵と全く同じで吹いた(笑)


きはるP。このPの何が恐ろしいって、作風の幅広さだよなぁ・・・しかも、基本的に同じベクトルの作風を連続して作ってこないってのがまた凄まじい。あ、技術方面に関しては既に周知の事実なんでノータッチで(てか、最近は絵描き能力も本格的に投入してるし) 私的にはキス周辺のイラスト→ゲーム映像→イラスト→・・・の滑らかさが凄いな、と。イラストが演出の要素として突出してないのが凄いわ。


あさひなP。あーあれとあれと、そしてこれで連作になってたのか。自分の中ではあさひなPってストーリー性を組み込まないタイプのPだったので、妙な感じはしてたのですが・・・三部作だったんだな。画面の色合いや、千早が歌っていない理由・・・あぁ、そういう事だったのか。理由気付いてから三部作見返したら色々ヤバかった。歌詞のシンクロの具合は周知してたけど、三部作としてみるとその意味が・・・もうヤバい。またそれぞれの作品での演出の意味が全然変わってくるな、これは・・・。


ゆりあP。なんぞこれ。もう一度言おう。なんぞこれ。うんもうね、感想とかいえるレベルじゃねーぞ、これは・・・。正直、個人でこんなレベルのもん作れるのか・・・?まさしく絶句こそが感想。


時雨P。あぁ、時雨Pらしいなぁ、と。【-to the wonderful new world-】を経て、色々吹っ切れた感のある時雨Pですが、作品での影響(特にダンスPV系)をここ数作で特に感じます・・・怖いくらいに。それは多分、俺が持ち得ない、理解し得ない感情だからなのか、あるいは、痛いくらいに作品からそういう感情を感じるからか。まぁ、それはこちらの問題ですね。やはり時雨P作品は歌詞のシンクロ率が突出しとる。


東洋人P。シラカワPリスペクト『リフレクティア』による『まっすぐM@STER』ですね。そういや、東洋人Pの『まっすぐM@STER』はエアーマンに続いて二作目か。曲の持つ透明感がちゃんと伝わってきます・・・というよりも、まさかエフェクトとかなくてもここまで雰囲気出せるもんなんだなぁ。


水無月P。なんか今日は意外な人が意外な作風ってのが多い気がする。てなわけで、シンガポー・・・水無月Pがまさかの紙芝居作品。元々歌詞自体にストーリー性があるので、絵本を読んでるかのような、少し悲しいけれど温かい作品でした。てか、成長したやよい可愛えぇぇ!!(色々台無し)


風のP。わた、春香さんは誰よりもアイドルなんですよー!や、最初は流石にちょっと自重しようぜ春香・・・とか思ってたわけですが、後半の春香の可愛さで全てがどうでも良くなった。春香可愛いよ春香。


ドアラP。『shiny smile』の紙芝居PV。いや・・・これを1人で作ってるドアラPも十分に凄いですがな・・・。美希と覚醒美希の可愛さや一生懸命さだkでなく、挫けかけた美希に手を差し伸べる春香やみんなの姿に気持ちが温かくなってきた・・・。美希メインの作品ですが、これは良いオールスター作品でした!


影山P。どこのEDだよ、これ(笑) 影山Pといえば千早いじめなわけですが、公式曲あるいは中の人の曲を使った作品の雰囲気作りは特に好きだわ。


b.o.s.P。これぶっちゃけ高速M@sterじゃね?(笑) 元気良く踊るやよいが可愛いですな!しかし、b.o.s.Pでこういう作風は新鮮だなぁ。


ラードP。ありゃま、ラードPが765幻想楽団とは・・・!ただ、765幻想楽団として作られるなら、全体的にもうちょっとストーリー性は強い方がいいかも?ダンスPVなのか765幻想楽団なのか、どっち付かずな印象あるので。それぞれの部分は中々良いので、突き詰めるとより面白いかもですね。特に三分以降からはかなり魅せてくれるだけに、非常に勿体無い・・・!


iuluvasuP。これは可愛いロリキューピット達じゃないか!・・・美希、同年代の筈なんだけどなぁ(笑) いいねぇ、こういうストレートな可愛さは実にイイ!!こっそり千早いじめもありm・・・いじめか、これ?(笑)


jajaP。こーいう良作を見ちゃうと買っとけば良かったって思うんだよな・・・!(買ってない俺) やよいらしい大変可愛らしい、良シンクロ作品でした!てーか、んなもん食うな、やよい!(笑)


メイP。あら、可愛い。『い・じ・わ・る』のゆきぽの破壊力はマジ異常。ここ最近の変態紳士のせいでまともにパジャマ使った作品を、久々に見た気がするぞ(笑)


もけP。しかしこのあずささん、演歌似合い過ぎである。つーか、中の人の演歌の歌いっぷり知ってるからマジ違和感ねぇよ、これ(笑)


スニフP。千早が可愛く歌ってたので貼っちゃったんだぜ?ちょっとカメラバグを活かしきれてないかな?という感じがしますが、雰囲気は良いですよー。


johP。えーと、ウチでこれ系貼ったのが、春香とあずささんと伊織とやよいか・・・・・・統一感ないな、俺。


透-視P 。見える、見るぞ、俺には美希の穢れなき生まれたままの姿g(ry つーか、アンタこんなんばっかだな、おい!?(爆)


ドランクP。俺、この春香になら全部の血を吸われたっていいや・・・(惚悦)


友P。お、格好良いな、これ。今ならリクエスト受け付けてるらしいですよー。

以下サバイバル用メモ。前回と同じく主観入ってる(所謂評価的な事してる)ので、そういうの嫌いな人はスルー推奨。ちなみに、今まで以上にそういう事やってます。ま、企画の性格上そういう視線してもいいと思ったんで。
【FINAL-1】
 予選では〔0と1〕のインパクトがあった反面、本選ではややインパクト薄かったわけですが、決勝でまさか演出の方向変えてくるとは・・・っ!ここにきて、ずっと謎だった雪歩のナース服の理由が分かった。このフレームなら納得だわ。んが、他に比べるとやや見劣りする感があるのは否めないか。単品としてなら雪歩可愛いんだけどなぁ。

【FINAL-2】
 再現系かつこのレベルならば残ったのは予想通り。が、やっぱこれ元ネタ知ってる人専用の感があるのがなんとも。逆に知ってる人は面白いけど、ここまで見てしまうと先もある程度判るだろうから、判断難しいだろうね。

【FINAL-3】
 実はこれ、予選段階ではぶっちゃけそこまで期待してなかったわけですが、進むにつれてどんどん好きになっていった作品。つーか、サバイバルでは自分の中で唯一そういった経緯を経た作品ではなかろうか。決勝までアニメ部分を温存していたその度胸と戦術眼・・・大したものだ・・・。

【FINAL-4】
 これ優勝した場合、ニコマスの明日はどっちに行くんだろうか(爆) しかし、ホントに優勝しそうなのが嫌だなぁ・・・ある意味、優勝して欲しくない作品ナンバーワンだ(笑)

【FINAL-5】
 ニコマス・・・どころかアイマス界におけるネタのパロ作品だったんかい、これ!!正直ネタ作品スキーなら間違いなくこれ投票してたわ(笑) んが、当方はガチ作品好きなのであった。やーでも、これは予選からずっと笑いっぱなしだったなぁ。

【FINAL-6】
 間違いなく、ガチで格好良い作品としては優勝候補どころか優勝しても問題ねぇ!な感じ。作品としての完成度、また曲でも十二分に票を集められるのは間違いないかと。ぶっちゃけ、毎度毎度これに入れるか悩みまくってたんだよなぁ。

【FINAL-7】
 初印象はわりとフツーだったんですが、見返すほど印象深くなっていった作品。恐らく俺が屈指の美希スキーならば問答無用で投票してたんだけどなぁ。雰囲気で魅せられた作品でしたが、決勝では魅せる演出も大量に入っていて、最終的には俺の中の優勝候補の一角まで上り詰めてる。

【FINAL-8】
 だよなぁ・・・残るよなぁ、これは・・・って、おい!?やー、これはまさかな展開ですな(笑) こういう作品は大好きだ!!後半の出来が悪かったら投げたけど、そっちの出来も十分過ぎるのでどうしたもんか。てか、これは別個で上げてくれるよね?(エエ笑顔)

【FINAL-9】
 手描き補正があろうともそんなの関係ねぇ!なわけですが、まさかの途中終了。うーん、作者さんが勝ち残るとは思ってなかったんだろうなぁ。残念ですが、良い作品を魅せていただきました!

【FINAL-10】
 あら、やっぱ勝ち残ってきたか。作品としては【FINAL-6】と同ベクトルの作品。が、こっちの作品でネックなのは、ニコマス界では同ベクトルの作品(演出や組み合わせ)が数多くあるだけに、純粋に作品の完成度のみで勝負せねばならんとこか。逆に、こういった作品が好きな人の票は集めやすいともいえるかもしれん。

【優勝作品は?】
 たぶん、【FINAL-6】か【FINAL-7】になるんじゃないかと思う。ニコマスの技術特化型作品をもっとも体現してる作品だし、それだけでなく十二分にアイドル達を魅せられているのが大きい。同ベクトルとして【FINAL-10】がるけど、個別で書いた通り優勝となるにはややパンチ不足な感が否めない。
 ネタ系(というかガチ系以外か)としては【FINAL-2】と【FINAL-4】と【FINAL-5】、評価ががらりと変わった【FINAL-8】があるけど、なにぶんガチ作品が相当なレベルなだけに、優勝は難しいか。逆に言えば、2位とかなら余裕でいそうである。主に【FINAL-4】あたりが(笑)
 で、ちなみに俺は【FINAL-3】を推しました。これ単純に俺の最近の嗜好(思考)の結果です。ぶっちゃけ、最近は技術特化作品がそんなに高い位置にいないんですよ。見るのは無茶苦茶好きなんすけど、”見たい”作品としてはやっぱアイドルが可愛く踊ってる方が好きなんで。といっても、【FINAL-6】と【FINAL-7】も最終候補に残ってるあたり、信憑性は皆無ですが(笑) まー、要は自分がティン!ときた作品つーわけですな。といっても、これも優勝しそうではあるんすけどね。段階を上げて魅せたこと、アニメや手描き補正、また作品の完成度も十分過ぎるほどあるし。
 やーしかし、まさか本選で投票した作品が全部生き残ってるとは思わんかったぞ、これ(笑)

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/221-e5007bbe

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/04/10 03:54

管理人。

 自分も普段はこういう書き方は基本的にしませんよ(最近は主に新人Pさんにちょくちょく書いたりしてますが)。ただ、サバイバルに関しては、ある種のオーディションみたいな感じで、こういう目線もありかなと思っていたので、今大会ではちょっとやってみました。Pさんも、多くの方がこういうコメを歓迎されてるみたいなんで、そんなに気負う必要はないと思いますよ。あまり度を過ぎるのはどうなかな、って思うときはありますけど、ね。まぁ、環境に関してはバイトが週末なだけマシかなと思いながら毎日やってます(笑)
 あと、いつもコメントいただいてるのに、ブログにコメント残せてなくてすみません・・・!
  • URL
  • 2008/04/11 00:10

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。