スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黙れと叫ぶのは意思か拒絶か。

 最近、色々と雑音が煩いな、と。ソレに対抗するかのように、音量上げていくから綺麗だったものが嫌な音にしか聞こえなくなってくる。正直、そういった現状に本気で苛々してる自分もいる。理性では多分理解はできてる・・・けど、感情が時にそれを凌駕してる場合もある。ああもうちくしょう、ここってこんなに居心地の悪い場所だったっけ・・・?
 また暫くは、昔みたいに小さなコミュニティで動くかなぁ。正直、外に出回って得られるモノ以上に、苛立ちの募りが大き過ぎる。別にそんなもん欲しくない。

【あ、無理】
 すみません。今日は休みます。なんかもうね、気持ちが駄目だ。見てて楽しいって全然思えない。自分の感情が全く整理付いてないや。俺はただ、いろんな作品を見て、沢山の人達と一緒に楽しみたかっただけなのにね。・・・こんな事なら外になんて出るんじゃなかったとすら思っちまう。誰か教えてくれ。

好きってなんだ?

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/235-acddb7f4

Comment

ななしですみません

何が原因なのかは存じませんが混迷していらっしゃるようで…他人事に思えず。
自分の好きは「気まぐれ」なので答えは常に流動的ですwただその一瞬一瞬に好きと思ったら好きで、次の日に嫌いになっても昨日は好きだったのは事実。無理矢理分けるなら好きにも1%から100%まであるし揺れ動くマイハートですw

迷うことはよりよい自分に近づくチャンスでもあるから悩むことは良い事だと。(余裕があればですけど)
このコメント、的外れと感じたなら笑って見逃してくださいませ。
  • URL
  • 2008/04/09 01:28

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/04/10 02:00

管理人。

 コメントありがとうございます。鏡月です。
 えーと、原因は敢えて分からないような書き方にしました・・・ってまぁ、分かる人には分かるんでしょうけど、自分自身、誰かを批評や批判する文章って好きじゃないので出来得る限り暈した文章にしました。
 個々の好き嫌いってのは自分も結構流動的ですね、やっぱり。まーそこらへんは貼ってる順番なんかで察していただけるかもしれません。ただ、今回はもっと大きな・・・というよりも、総括した範囲に対するものだっただけに、かなりガツンときたみたいです。たぶん、これは関わる人全員が大なり小なり感じてる部分じゃないかな、と思うのですが、自分はソレに対しての明確なスタンスを出してなかったが故に大きく揺らいでしまったんじゃないかな、と。
先の見えない、あるいは十人十色の回答がある問題ですが、自分自身が納得出来る答えを出せればな、と思います。
  • URL
  • 2008/04/10 23:54

管理人。

いえいえい、いつも温かいお言葉をありがとうございます。
多分、本当はそんなに難しいものじゃないと思うのですが、やはり今はあまりにも広がってしまった、肥大化ともいえるような状態になってしまってるから、自分も含めた多くの人が、”何か”を見失ってしまってるんじゃないかなぁと。
勿論、その過程で得るものはあるかもしれないけど、やっぱり落としてはいけない”何か”があると思うんで・・・その”何か”に対する認識のズレが嫌なのかもしれません。
あーすみません、自分も何言いたいのか分からなくなっちゃった・・・。
ただまぁ、こうやって悩んだりする事がその”何か”を見つめ直す事になればいいかなとは、漠然とながら思ってはいます。
本当に、いつもありがとうございます。
  • URL
  • 2008/04/11 00:02

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/04/11 02:25

管理人。

かなり、ぶっちゃけたコメント返信ですので、反転で失礼します。

むしろ、ここまでニコマスが存続してる方が驚きですね。ここ近年の流行の栄枯盛衰はいうに及ばず、ニコニコなんかは特に流行の衰退なんて激しいもので、一週間はランキングを占有していた流行も月が変われば見る影もないなんて当たり前です。その中で(実情はどうあれ)日々ランクインしているニコマスというカテゴリーの大きさや勢いというのは相当なものがあると思います。
そんな状況下で技術というのは良くも悪くも重要にはならざるを得ないだろうな、と。かく言う自分もやはり技術というのを基準にしてる面はあります。単純に量が膨大過ぎるんですよ、今のニコマスって。そんな中で、大なり小なり技術である程度(本当に申し訳ないのですが)切っていかないとどうしようもないっていうのが正直な本音です。勿論、それだけが基準になるほど、単純な見方はしないように心掛けてはいますけれど。
たぶん、Pさんも、一部の視聴者も”技術”に関する考え・・・というよりも危機感っていうのは持ってると思います。ただ、残念ながら今の(そして今後の)視聴者層を考えると、正直どうしようもないだろうなって思っています。
作品に対して一番分かりやすい数字ってのは”再生数”ですが、もうこれランキングに載らないと全く伸びない状況ですよね?これは、所謂ニコマス層(特にのめり込んでる視聴者)よりも、非ニコマス層以外の多さなんじゃないかなと。
俺は勿論ニコニコでの動画はニコマスが大半ですが、それ以外のジャンルも見ています。ただ、それらをアイマスみたいに探してみる事は殆どありません。基本的にぶらりとランクインした作品を見る程度です。今のニコマスは多くの人にとってその”他のジャンル”にしか過ぎないんだと思います。ニコマス界ってPさんや見る專の繋がりが強いから忘れがちなんですけど、ここまで深くニコマスに関わってる人って実際はかなり少ないんだと思います。
じゃあ、そういう、ただ見てるだけの人に作品を見せる手段って結局は技術でしかないんですよ。だって作品として”分かりやすい”から。そういう人達にとって、ストーリー性もアイドルやPさんの想いなんて、殆ど意味を成さないんじゃないかなと思う・・・非常に悲しいけど。
技術ではなくアイドルを、っていう考えは俺の根底的な部分にありますし、今後も変えるつもりはありません。ただ、やはり作品を見てもらわない事にはどうしようもないってのはある。そうなると、技術を磨くしかないんだろうな、と。そりゃ、作りたい作品を、この娘を魅せたいからって理由で突っ走る作品は凄く好きですけど、それだけで走り続ける事が出来るPさんはそう多くないんだろうなって。自分も全てのPさんがそうあるべきだなんて思っていないですし。

お話の中で出たとあるPさんですが・・・確かに自分も似たような考えを持っている時期はありました。ただ、最近はちょっと違う考えもあります。確かに自分の中でもあのPさんは世間で騒がれてる程高い位置にいるPさんではありません(ここらへんは貼り順やコメで察して下さい)。でも、嫌いか?って言われるとやっぱり今でも好きなPさんではあります。たぶん、あのPさんは良くも悪くもあの作風しか作れない、あるいは『作らせくれない』っていう面もあるんじゃないかと思います。
たとえば、このPさんがストーリー性のある、というよりは感情を込めた作品を作った場合、視聴者に受け入れられるか?って考えたとき、残念ながら素直に首を頷けないと思うんですよ。話題にもなるだろうし、ランキングにも載るだろうけど・・・たぶん、賛美よりも落胆的な声が多いんじゃないかなと思います。
それでもいいだろうって言われるかもしれませんが、一度そういう事を言われてもう一度作れるかって言われたとき、かなり厳しいだろうし、何より作っててそれ楽しいんだろうか?と。特にあのPは評価が厳しいですから、なおさらだと思います。まぁ、これは自分の勝手な憶測ですし、たぶん御本人がそういう作品に向いてないって理解はしてるとは思います。作品としてはやっぱ好きではありますしね・・・・・・ただ、残念ながら心には残らないでしょうが。

まぁ、年齢層に関してはしゃーない気もしますね。ぶっちゃけ、最近はニコマス視聴者層ともかなりズレてる自分もいるので(爆)、コメなしで見てる作品は増えましたね、やっぱり。
そういう意味では、Pさん以上に視聴者層がニコマスの現状を生み出してるんだろうな、と。ただ、視聴者層も最初からそうなったわけじゃないだろうし、結果として技術を基準に見ざるを得なくなったっていうのはあると思います(まぁ、それしか見ない人はどうしようもないし、どうする気もないです)。
むしろ怖いのは、”技術”か”愛”かっていう両極論になってる現状じゃないかな、と。これちょっと今までと矛盾しちゃうんですが、別にどっちでもいいと思うんですよ。そりゃアイマスを好きになって欲しいとは思うけど、別にニコマスの技術に惚れたからって理由でやってもいいと思うし、我武者羅に愛を叫んでもいいし、ただ気ままに作りたいから作るでもいいし、好きな娘に歌って欲しいでもいい。ぶっちゃけ、技術特化作品だとしても、それだけの技術や資金、時間を懸けるっていうのは大なり小なり好きな気持ちがなけりゃ無理だろうって。そういう、誰でも歓迎っていう雰囲気が俺がニコマスを好きになった理由の一つだろうな、と。今は逆に、Pさんも視聴者も紹介サイトもてんでバラバラの方向を見過ぎてる気がしてならないです。もちろん多様性っていうのは必要なんですけど、今の状況なんかは空中分解寸前って気すらします。まぁ、俺もニコマスに関しては許容出来ても、ニコマスを取り巻く環境は許容し切れてないんですけど、ね。


・・・っは、いつも以上に分からん文書に・・・!(頭抱え) 

ニコマス動画はホントに時間・・・つか、資金に余裕があればって感じなので、実は作りたくてたまらない日々を過ごしております(笑) 作りたい曲とか流れると、頭の中で映像を組んでるあたりわりとヤバ気ですね(爆)
  • URL
  • 2008/04/12 00:27

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/04/12 01:44

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/04/12 16:24

管理人。

>始めましての方へ。

こちらこそ始めまして・・・というのも何か妙な感じがするのですが(笑)、鏡月です。以前からちょくちょく伺っておりました。
今回の件は全くの別件ですので気になさらないで下さいね。でも、やっぱり思わぬ一言で、ていうのは自分にもあるんじゃないか?という事は常々意識するようにしています。ただ、かといって気にし過ぎて閉じ込めててしまうのも何か違うだろうとも思うので・・・難しいものですね。

あの騒動もかなりの騒ぎになっていましたけど、今回の件も含めて自分なんかはニコマスの作品そのものへの考えっていうのはそんなに変わっていないと思います。むしろ、それらを取り巻く環境を見るのが嫌になったんじゃないかなと。元々、自分が動いていた場所ってかなり限定的だったので、外の世界を殆ど見てない(見ようとしなかった)のですが、まぁ色々と動きがあって、外を見る機会が増えて、今までなかった視点も手に入れたけど、それ以上に見たくもなかった嫌な部分を多く見てしまった。
勿論、価値観や方向性の違いっていうのは頭で理解してるつもりでも、感情面では全く受け付けてくれなくて、今回のような事になったんだと思います。本当に、誰もが好きなだけな筈なんだとは思うんですが・・・自分の器量の小ささを改めて自覚させられましたね。
ただ、こういう思考を放棄すると、最も自分が毛嫌いしている自分になっちゃうと思うんで、逃げずに・・・なんて言えないけど、何とか折り合いを付けていきたいところです。

もうちょっとニコマスの出会いが早いか、もしくは遅ければ・・・!ってのが本音っすよ、マジで(爆)
今は時間も資金もかなりカツカツな状態なんで・・・まー、どっちかに余裕があればなきにしもあらず?みたいな(おま
ただまぁ、自分がもっとも理想としてるような作品ってのは中々作れないだろうなってのは思います。ああいう場所に辿り付ける人って確固たるものを持ってないと無理だろうし、揺れ動いてる自分にはまだ無理だろうな、と。勿論、技術なものや、発想なんかもかなり問題なわけですが(頭抱え)
それに、アイマスのPではなく、ニコマスのPとして作りたい作品っていうのもあります。ただ、幾つか描いてみたい”絵”はあるので、いつか出来ればなと漠然ながらも思い描いています。
つーか、あれはもう勢いつーか某バカップルに毒されただけなんで、俺が作るのは多分フツーのガチ作品だけですよ?・・・・・・多分?

たぶん、誰もが一度は通るものだとは思うので、自分なりのスタンスを探しながら、ニコマスを、ひいてはアイマスを楽しんでいこうと思います。
本当にありがとうございました!
  • URL
  • 2008/04/13 20:31

管理人。

>あえて言葉にするなら~の方へ。

いえ、自分も一度はカタチにしておきたいものだったので、むしろ感謝しています。
流石にあの表現はかなり極端な感情ですが、ただまぁ・・・やっぱ難しいですね、あの方は。
あんまり流行とかそういうのは気にしてませんね、正直。それが面白ければ話題に乗っかるし、逆に興味なければ殆ど見向きもしない気分やなんで、俺(殴)
まー、昔の自分みたいに頭空っぽにして楽しんでるのが、一番いいんじゃね?とか思ったりしますが、根っこの部分だけは変わらないようにいたいな、と。

んでもって、貴方もそのネタをふるのかっ!!(爆)
やばいよ・・・最近マジでやろうかと考えてる自分もいるじゃないか、どうしよう?つか、以前やろうとしてら、あまりの情報量に逃亡したなんて言えn(ry
もし見つけたら・・・・・・優しくして下さいね?(死 ん で こ い)

こちらこそ、色々とお話出来て良かったです。本当にありがとうございました!!
  • URL
  • 2008/04/13 20:39

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。