スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全力全開の真剣勝負!

イベント 『じっくり語り語られてみよう』に参加し,イベントのあり方について語っています.イベントやイベント主催者に対するネガティブな表記を含む部分もありますが,主催者の覚悟に乗っ取った上での記述とご理解ください.語り記事一覧 → 『番外: イベント・じっくり語り語られてみよう
【質問A】 一歩引いた状態からイベントを見ていて,どう感じられましたか? 私はどっぷり浸かっていたので,自分で気づけない視点があると考えています.何か思うところがあれば是非ともコメントをください.ブログ記事でも良いですし,この記事のコメント欄でもOKです.
 まーもっと殺伐としたものか、あるいは馴れ合いめいたものになるかと思ってましたが、終わって見ればそれぞれ全力全開でぶつかり合う気持ちの良い企画になってたなぁ。あ、イベントそのものは以下のアンケートで。
 実は、紹介系ブログさんがもっと参加するんじゃないかなーって思ってたんですが、むしろPさんの方がより活発な印象を受けました。や、実際の参加人数の割合はさておき。そこらへんがちょいと気になったといえば気になったけど・・・誰か分析して下s(ry あ、別にただの疑問なんでそれ以上の意味はありませんのであしからず。
 
【質問B】 イベントの継続について,賛成ですか? 反対ですか?
 賛成かな?ただし、今回のような雰囲気が保たれる、あるいはより良くなっていけばの話ですが・・・って、やってみないと分からないか、こればっかは。やはり、主催者、Pさん、語り手の間で意志疎通があったからこそ成功だと思っているので、その関係が良好であり続けるのならば是非。

【質問C】 もし次回があれば,語られ側や語り手としての参加に前向きですか?(実際に参加できるかどうかは,考えずに良いです)
 そうですね、今回は元々交流のあったディープPの作品だけでしたが、次回は多くの作品について語りたいなと思います。真剣勝負から始まる交流もあっていいんじゃないか?と感じましたし、もう少し踏み込んで行こうかなと。
 あとは、自分自身『語り』というものに対しての認識が狭かった部分があるので、今回の語りとはまた違った切り口でやりたいですね。それこそ、普段の感想をより深く書くのもアリだし、今回のような普段はしない書き方も、あるいは他の方の語りを参考にしてみるのも一つかな。

【質問D】 参加しなかった,参加しにくかった,参加できなかったことについて,理由があれば教えてほしいです.(この質問は,答えにくかったら答えなくてもOKです)
 一度に三作品は限界ギリギリの数だよなぁ、というのが正直な感想。時間はさておき、語る際に消費するエネルギーは相応に必要なんで、語った後に通常更新はちょっと厳しかった・・・や、皆さんやってたんですが(このヘタレが ただ、読み手としては三作品は程よく読み応えがある数なんで、減らすとちと淋しいのもまた事実。そこは開催期間などと合わせて調整するしかないのかなぁ。

【質問E】 何でも自由に語ってください.
 普段の自分とは違う面を出せたのが、面白い・・・というより自分自身驚愕しましたね。ああいう文章は俺が最も忌避していた文章で、恐らく通常更新であんな文章書いていたら、嫌悪してたハズ。それが、このようにお互いの了承の上でならば、ある種の快活さがあるのだなぁ、と。あらゆる要素に対して、自分の意見を全力で、微塵の遠慮もなく(相手に対しても、自分に対しても)出せるわけですしね。ただ、これを普段から書けだとか読めだとかになると、やはり無理なんですが。トラウマというか苦手意識がやっぱりまだあるので・・・まぁ、そこは何とか折り合いをとは思ってます。
 数多く作品を見る事も、一つの作品を語るのも、それぞれの楽しみとまた諦めねばならない点があります。俺は多くの作品に触れるという道を選びましたが、その結果一つの作品に対して語れる割合はどうしても少なくなってしまいました。そんな中で、このような場を企画されたRDGさんには、感謝致します。ありがとうございます、そして、お疲れ様でした!

【Ex】どっちかってーと私信めいた内容になるので別枠で。
 やー、本当にこの企画が成功するとは、何より自分がこうやって関わる事になるとは、企画発動当初は思いもしなかったなぁ。自分は当初、この企画に対して反対・・・というか懐疑的な立場でした。元々、紹介系ブログやニコマスの現状(どっちも一部の、ですが)に違和感みたいな感情を抱いていた時期だった事や、また自分が今まで目にしてきた多くの語りが、『大御所Pのベタ褒め』『再生数が桁違いに多い作品』もしくは『引合いに出して他の作品の貶める』というものだったので、語りそのものが嫌いで仕方がなかった。そんな中で、いきなりこんな企画が出たものだから、かなり苛立ってました。正直、勝手にしとけ、って思っていたのも事実。
 で、そんなこんなで、まぁその後に色々あって自分も頭が冷えてふらっと見に行ったら、この企画の為に懸命に走り回ってるRDGさんの姿があった。それも企画成功のみを見据えただけでなく、それがもたらす影響もちゃんと考慮して対応してるもんだから、あぁこりゃ俺の負けだと。この方は本気で突っ走る気なんだな、と。それで白旗揚げた後でRDGさんと交流させてもらって、この企画にならば託してもいいだろうと感じた。その結末は・・・まぁ、今更俺如きが語るまでもないでしょうwww
 本当にRDGさん、参加されたPやブロガーさん、ありがとうございました!

 で、こっからちょっとした心配事などば。
 前にRDGさんとコメントのやり取りで書いた事があるのですが、この企画だからこそ自分は評価めいたコメントも是として捉えられた。だけど、評価はさておき批評めいた意見や視点があらゆる場所で是とされてしまわないか、というのがやはり怖い。今までにも・・・って、今もですけど、そういう考えが蔓延してるのは楽しくないな、と思うので。まぁ、RDGさんや参加された皆さんは、そこらへんをきっちり踏まえて動かれてると思っていますが、そこを理解しようとしない人が出てくるかもしれないってのが、現状のニコマスの悲しいところかもしれません・・・って、こういう引きはどうかと思うぞ、俺(殴

Pagination

Trackback

イベント『じっくり語り語られてみよう』(2008年5-6月)の総括 from じっくり語り語られてみよう

スタッフロール的なもの   「参加P一覧」  「語り手一覧」  「コメント参加者一覧」 謝辞 まずはじめに,感謝と敬意を. 多くの方...
  • 2008/06/19 00:15

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/312-8901db1b

Comment

せら

『じっくり語り語られてみよう』のイベントお疲れ様でした。
せらは特別語る訳でもなく、第三者の立場で拝見させて頂きました。
企画自体を知った時は正直怖かったんですね。こりゃ荒れるかな?って。
でも、実際の記事を各所で読むと、同じ作品に対しての捉え方や解釈等の違い等、とても考えさせられる内容で楽しませて頂きましたです。
いや、流石”見る専”の方々の視線は深いなって感銘受けた感じですね。見るのも作るのも未熟なせらからすると、普通に羨ましかった。
鏡月さんの参加は嬉しかったですよ。(ディープPさんの作品だったし)
って事でお疲れ様&ありがとう!

しかしRDGさんもよくこの企画やりとげたよね。尊敬するというか・・・あえて言葉にするなら「ありがとう」ですね!



  • URL
  • 2008/06/11 22:13

管理人。

やっぱり、多くの人にとってはとっつき難い企画ではあったと思います。俺もRDGさんとディープPの存在がなければ、まず参加していなかったと思いますし。
でも結果としては、思ってた以上の収穫はあります。特に他の人の意見を自分の中で消化出来たってのが、俺にとっては凄く大きい。普段なら、俺の意見は俺の意見、貴方の意見は貴方の意見、って突っ撥ねてしまう面があったので(勿論全てにではありませんが)、それが今回の中では、きちんと受け止められたのが得難い経験だったのかもしれません・・・まぁ、普段の生活では中々そうは行かないのですが(苦笑)
個人的には見る専さんより、Pさんの意見の方が読んでて面白いかったですね。元々紹介系ブロガーさんの意見は(俺にとっては皮肉とでも言うべき事に)理解できていたので、逆に普段は分からないPさんの考えが新鮮でした。
まー、こうやって議論し合うのも良いですが、やっぱり小難しい事は考えずに、面白ければ笑い、悲しければ泣き、楽しければそれを素直に伝える・・・そうであって欲しいとは思います。

まぁ、なにはともあれ本当にRDGさんには、お疲れさまでしたの一言に尽きます。そして、ありがとう、ですね。
  • URL
  • 2008/06/11 23:23

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。