スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

需要?なにそれおいしいの?

【一晩でこんな感じに】
 というわけで、昨日の更新終わってからずっとコイツ弄ってました。大体の改修の目処はついてたので、とりあえず思いついたところを片っ端から手を加えて・・・といってもまぁ、先は長いんですが。基本的には1/100アルトのラインと機構をモデルにしていますが、当方現物持ってないので、ひたすらネットのレビューと睨めっこして作業でした。んじゃ、以下現時点の改修箇所と今後の改修予定メモ。
 兎に角、どうにも動かない胴体を何とかしようと、腹部と腰部を繋ぐセンターのパーツをそれっぽいラインでエッジングノコ使って切断。で、腹部のセンターのパーツの長さが足りなくなったので、プラ版で延長。腹部の白いパーツの背部は設定と変わるけど、段差が邪魔なのでこれもプラ板で防ぎました。
 次に脚部の可動を何とかしたかったので、現状の間接機構からジャンクのMGフリーダムの肩パーツ使って最近のMGの間接機構にしようとするものの、肩パーツが装甲に当たって回転してくれない事が判明。装甲を切り取ることも考えたものの、太腿のラインの調整が面倒なので却下。んで、結局腰部のジョイントを弄る事にしました。で、アルトの脚部の可動の悪さは、股関節軸がプラである事と軸の短さによる可動スペースの無さだと思われるので、これまたジャンクになっていたMGフリーダムの股関節軸を切り取って移植。黒い接着剤と真鋳線でがっちり固定。スペースの空きが目立ちそうだったので、ウェーブの丸いバーニアパーツで空間を持たせてます。ちなみに、この加工は市販のボールジョイント使うのがベター。フリーダムは径がたまたま合ったので使っただけなんで、あんまり深い意味ないです。
 で、ここまでやって問題発生。胴体を分割した影響で、ふんどしがキット本来の位置で固定すると腰部と腹部にかなりのスペースができるっぽい。逆に、ふんどしを腰部のラインの合わせると、ふんどし下部がかなり下がるという事態に。色々悩んだのですが、結局後者を選びました。まぁ、フロントアーマーをボールジョイント化して位置調整するので、多少は緩和できるかなと推測してみた。あとは、ふんどしが独立してるのでプラ板で欠損部分を埋めています。
 そして今後の予定としては腹部にダブルボールジョイント仕込むのが最優先かな。スペーサー作りたいけど、作ったこと無いからやるかは未定。あおは、サイドアーマーとフロントアーマーにジョイント仕込んだり、足首の間接や足首の干渉するパーツの加工すれば下半身は終了。で、問題は上半身の肩部関節。大体はダブルボールジョイントでってパターンなんだけど、なんとか元パーツ生かして引き出し式の間接機構作れんかなぁ。でもあれ、流用パーツなかったら軸間接自作しなきゃならんし・・うーん。あと、首の延長して顎引けるようにしたいけど、バランス悪くなりそうな悪寒。というか、ホンマにメモだな、おい!?
 あ、写真のアルトは下半身に上半身を乗っけただけ+足首の可動に干渉するパーツを外してるので、本来の可動範囲とは違うのですが、最終的には似たり寄ったりなレベルに仕上げる予定。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/383-396dface

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。