スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコマス関連は下の記事に。

【片道2時間オーバーでした(エエ笑顔)】
 そんなこんなで、参戦してきました東方オンリーイベント『東方紅桜夢』。同人系イベントとしては、実に8年ぶりの参加になるわけですが・・・や、ホントに疲れたわー(笑) でも、ジャンルの違いはあれど、良い刺激を受けました。詰まるところ、やっぱり自分は作り手側にいたい人間なんだな、と再認識できたし。まぁ、今でこそこんな事やってるわけですが、一応これでもかつては二次創作や一次創作やってた身ですので、お陰で色々と滾ってきたわー。とはいえ、今はここを納得出来るまで走りきるのが優先。納得出来なきゃ終われないんで。
 しかし、東方ってジャンルは興味深いね。完成された未完成の世界というのか・・・確たる絶対のモノが存在してないが故に、あらゆるモノを受け止める雰囲気があるのかもしれません。まぁ、所詮は他ジャンルの人間なんで、これ以上の言動は避けますが(色々と面倒な面も聞き及んでるので)。まぁ、無茶苦茶デカいジャンルなんで、深追いしないようにしなきゃなー・・・自滅するwww
 しかし、近年自分が創作活動したいって思うのはこの手のベクトルが多いな。なのはにしろアイマスにしろ。最も、アイマス・・・というか、ニコマスってのは、かなりの面で作り手そのものを作品中に投影する傾向があるのですが。これ、二次創作系でもかなり特異な性質だよなぁ・・・むしろ、特有といっても過言じゃない気がする。だからこそ、ニコマスってのはP同士や見る側の繋がりが強いのかもしれない。作品に接する事=作り手に接する事をここまで意識するのは、ニコマスぐらいじゃないかと。まぁ、色々と面白い考察出来そうなネタではあるが、今回はここまで。

【どんどん長文化してるなぁ、おい】
・世間的にはCBもカタロンも認識的には変わらないらしい。カタロン自身もそんなとこあるけど。まぁ、他者の認識なんてものはその程度か。
・イノベーター達の会話で人名だか機体名がだばだばと・・・何言ってるのか分からねーwww ま、一枚岩でもなさそうだ。
・『ある意味、その枠を超えてるけどね』
・イカレた自分を自覚してなお、それを是とする精神ってのは人間じゃねぇわな。
・フェルト可愛いよフェルト。ほんと、柔らかくなったなぁ。
・世界情勢話。って、ロックオフがカタロン構成員ってマジで伝えてないんだ、せっさん。一悶着あるのかな、これ。
・あっさり顔バラすロックオフ。本人の気質もあるだろうけど、やっぱ精神的にカタロン>CBだからねぇ。まぁ、諫めただけなティエもそこまで強く止める気もなかったっぽい。
・シ『(反政府組織にいるのは)いけない事?』
・ここで強く言い返せなかったのは、CBの理念・・・というか、刹那の覚悟を知った事も影響してんかねぇ。まぁ、姫さんは戦う事を否定しながらも、迷ってる節あるからなぁ。
・シーリンスマイル。狙い打たれたぜ・・・!しかし、二期で一番生き生きしてんのこの人じゃね?
・みんなのアイドル☆マリナ姫。
・視聴者やら出番やらの扱いが散々で忘れかけてたが、実は人気者だったマリナ姫。まぁ、直後に半ば邪魔扱いですが。といっても、血生臭い話を一国の姫の前でするわけにもいかんしなぁ。
・どうしてもCBと協力関係を結びたいカタロン。勿論一蹴されるわけですが、認識の齟齬を自覚してんだか、してないんだか。
・『断固自体する』『つまりワンマンアーミー』『たった一人の軍隊なのだよ』
・スタッフ、わりとわざとハムをうぜぇ感じに描写してない?一期だとヒーロー風味に描いてたけど。まぁ、ハムの本質は変わってないんだろうけど・・・むしろより歪んでるか。
・おとーさんは色々と大変である。そして、養子宣言ktkr!・・・って、それはどう見ても死亡フラグですよソーマさーん!!
・独りの子供に手を差し伸べるマリナ。寂しそうに見つめる刹那。過去の母。救われなかった手と、救えなかった手。
・そういや、刹那がマリナに惹かれた一因に母親の声に似てるってのがあったそうな。
・相変わらず言いたい放題な沙慈。まぁ、ただの一般人がいきなり巻き込まれて、色々なモノを失い、奪われ、状況に振り回されれば、言いたくもなるよなぁ。
・カタロンに保護されるよりも祖国に戻る事を選んだマリナ。揺るがないね、ホント。
・ティ『なんなら、そのまま帰って来なくてもいい』→『お前ら結婚してまえ』ですね、分かりまs(ry
・なんか、むっと言い返すあたり、マリナを意識しとるね、せっさん?
・ティ『本気で言ったさ』『ふ・・・冗談だよ』
・マジで性格変わり過ぎです。ご馳走様ッ!!
・ガンダム主人公定番の脱走をかます沙慈。これが、沙慈にとっての罪であり罰になるとはなぁ。まぁ、即見つかって現実を知るわけですが。や、ホンマにセルゲイの部隊で良かったな。
・てか、今回の軍部ってロクな奴いねーなぁ。
・作戦に嫌悪感を示すマネキン大佐とソーマ。マネキン大佐は離反しそうだ。ソーマは・・・どだろなぁ。セルゲイに死亡フラグあるからなぁ。
・過去に色々あったらしいセルゲイ一家。定石なら息子の勘違いを、セルゲイが敢えて正さなかったっぽいけど・・・うーん?
・しかし、クラウスは何故にそこまでCBを信頼してんだ?
・頭部しか狙わないソーマさんマジでヒロイン。しかし、戦う為に生まれたソーマが虐殺を忌避するのに、それを疑いもしない人間ってのは暗喩だなぁ。
・前期以上に動くとかっけぇガンダム。毎度毎度明かされる新ギミックにwktk!ですよ。
・ソーマの射撃をあっさりかわすロックオフ。腕上げてんなぁ。しかし、ソーマの台詞わりと意味深?どっかで交戦した?ロックオンと戦った事はないから、見間違えってのはないと思うけど・・・。
・フリーダム・the・ブシドー。まぁ、強者と戦う事に意味を見出してそうだし。ヤザンかい。
・ア『自ら引き金を引こうとしないなんて・・・!罪の意識すら持つ気がないのかッ!?』
・一期ではハレルヤしか使う事がなかったクローで攻撃したってのは、色々と覚悟を背負ったって事なんだろうなぁ。Zの突撃を思い浮かべたのは皆一緒か。
・しかし、マジで飛行形態でそのまま突撃→切断の流れとは・・・アレ、肩パーツっしょ?
・ダブルバズーカ・バーストモード・・・威力ショボくないk(ry
・ロ『逃げんなよ・・・逃げんなよ、アロウズッ!!』
・怒り方が兄貴そっくり。やっぱ兄弟か。まぁ、CBの理念よりも、アロウズへの復讐心で暫くは参戦してそうだ。
・ソ『人並みの幸せを得ようとした・・・これはその罰なのですか、大佐・・・?』
・心に従うのか、心を殺すのか。どうしていくんだろうな、ソーマは。
・沙『僕が話したせいで・・・?』
・今までCBが原因で不幸になったと言っていただけに、己が原因で誰かを不幸にしたってのは大きいなぁ。しかし、覚悟を背負う事による罪ではなく、罪によって覚悟を背負うってのはきっついなぁ。人間は、それでしか背負えないのかもな。犠牲がなければ気付かない。
・『そうよ・・・そのまさかよ!』
・ツヴァイ改&サーシェス登場。イノベーターと繋がってるっぽいし、何しでかす気なのやら。まぁ、サーシェスは小賢しい思惑なんか関係なく、ただ戦争したい、ガンダムと戦いたいだけだろうけど。
・次回はスメラギさんの過去話か。各々で進む道を選びつつあるのかもしれない。状況も揃ったし、事態は動きそうだ。
・次週はもうちょっと簡素にまとめよう。長ぇ。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/488-13fdc9ce

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。