スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽のあたる未来へ、君と共に。

イベント 『じっくり語り語られてみよう』に参加し,作品について語っています.作品へのネガティブな表記・ネタばれを含む場合がありますが,イベントの趣旨に乗った上での記述とご理解ください.他の方の語り記事一覧 → 『No.15: Top Gun Anthem


赤菱P。
 語りを求められた一点として、美希の台詞を入れるか否かを問われた作品。自分自身、このようなストーリーに関わる作品において、言葉や声が入る演出というものに惹かれるわけであるが、この作品においては、音声を入れる事に関しては”否”だと思う。
 この作品の肝として感じたのは”音楽の美しさ”であり、そして、その音楽を背景に美希のある物語を追い、その後に想いを馳せる―そして、静かに感じる余韻。その”余韻”が、作品の”美しさ”が、台詞の挿入によって失われてしまったように感じた。無論、彼女の言葉が悪いわけでもなく、また”声”だからこそ届くものがある・・・だが、それでもこの作品が”行間を読ませる”作品に類するものであるが故に、声によってその楽しみが削がれてしまったのだと思う。なればこそ、音声を使わなかった赤菱Pの判断は、正しかったと思う。
 それでも声の魅力というものは、時としてこれらの魅力を超えて訴えてくるものがある。この作品で、それを魅せるのならば、使う場所を極力限定するか、あるいは音声の調整や演出を加えれば、また違った作品としての楽しみが生まれるのではないかと思う。そういう点で言えば、音声を(敢えてこの様な表現を使うが)中途半端に使ってしまった事が、音声あり版での印象の悪さに繋がったのだろう。
 なお、自分はアイドラを未購入なわけですが・・・流れとしては、”美希失敗ED”→”謎現象で過去世界にPタイムスリップ”→”過去の美希との邂逅”→”現在の美希との新たな一歩”であると思うものの、本家を見てないので肝心要のところが読み取り難い気がした・・・といっても、それはどちらかといえば、Pにとっての部分が強いと思われるので、そこまで重要ではないかもしれませんが、アイドラ未見、あるいは読み取る事が苦手な方にとっては、少し厳しいのではないかと思いました。とはいえ、この作品においては、”行間を読む”事が楽しいので、全てを提示してしまうと、全く違うものになってしまいそうですが。なお、今回の語りでは触れる事は出来ませんでしたが、色彩や明度、また光によるストーリーの変化の示唆など、映像面でも光る面が沢山ありました。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/499-cdc1e985

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。