スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ、燃えアニメだったけ、これ?

 というわけで、観て来ましたよ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を・・・いや、むしろヤシマ作戦・・・ていうか、ラミエル様を。
 世代的には十年前のエヴァブームど真ん中(当時は中学だったけか?)なわけですが、実はリアルタイムでは全くと言っていいほど見てませんでした。時間的に見る余裕がなかったというのもありますが、何よりシンジという主役がどーしても受け付けなかったんですよね。とはいえ、所詮自分もヲタなわけでして、ブーム後に何だかんだと言いながらエヴァを見る機会は色々ありまして、最終的には劇場版含めてほぼ全て見た(と思う)のですが、やはり感じたのはどうしようもない気持ち悪さでしたが。んー、物語としてはアリだとしても、作品としては駄目だろう、と。なにより、誰もハッピーエンドを迎えられないってのが許せなかったですね・・・。
 って、まあ別段エヴァファンでもないので、そちらに対する感想はさておき、今は劇場版の話。あ、以降は容赦なくネタバレしている箇所がありますので、未見の人は曲がれ右推奨。
 そんなわけで劇場版ですが、内容的にはTV版のヤシマ作戦までを現在のレベルでリメイクした内容で、前半はほぼアニメのまま・・・・・・といっても、元々エヴァの作画というか絵コンテ?のレベルとかセンスが現在でも通用するというか、現在でもコレを越えるものは殆どないくらいなのと、劇場用という事もあって、既にとんでもないクオリティ。迎撃用都市の描写とかヤバ過ぎる。あと、デザインがリニューアルされた関係で初号機の戦闘シーンが手が加えられていて、やたらめったら格好良い。で、そんなこんなで『あ、ここ見た事あるなー』とか『ちょっと描写変わった?』などとのほほんと見ているうちに、怒涛の後半に。
 ぶっちゃけ、この後半だけで劇場版を見に行く価値があります。
 なにアレ。なにアレ!あの圧倒的な映像を目にしたら、もう言葉とか感想なんて不要。製作サイドの手の平で素直に踊らされるしかないじゃないか!!もうラミエルなんて呼び捨てにできやしねぇ。様付けで呼ぶよ、ラミエル様って!劇場版を見に行った人が悉くラミエル様に落とされた理由が分かった。俺も抱いて!(ぇ)
 で、ヤシマ作戦全体の流れは基本的にTV版と同じですが、内容は既に別物と言っていいほどのモノになっていて、特にシンジに関する事柄はそれが顕著かなと。しかしながら、その変更点こそが新劇場版が新劇場版である理由、『リメイク』ではなく『リビルド』である所以だと思います。
 正直、劇場版を見に行った理由の殆どはその映像クオリティとラミエル人気だったのですが、気が付けばシンジに感情移入している自分に吃驚。特に終盤のシーンで、彼が這いずってでも前に進んだシーンは、自分の中で抱いていたシンジ像を打ち砕くに足る『熱さ』が、それこそ『絶望』といってもいい結末を迎えた原作と対をなす、『希望』と呼べるものがその瞬間にはあった気がします。
 とまあ、色々語ったりしましたが、一言で言えば、
『四の五の言わずに劇場に行け』


以下、ちょっと気になった点。
・唯一気になったのが、シャムシエル戦後でミサトがシンジに対して叩き付けた『自分でエヴァに乗るのか否かを決めろ』という質問に答えるシンジを見せて欲しかったかな、と。その後の描写から、結局乗る事に(しかも嫌々仕方なく)したのは分かっているのですが、ちょっと唐突な感があったので。とはいえ、その後のヤシマ作戦でそこらへんの描写は十分にやってたので、あんまり問題はなかったですが。
・シンジとレイの接触がゲンドウの計画っぽい。これは、レイとシンジ、どちらを主体にした計画なんだろか。シンジを主体にするにしては、接し方がアレだし、レイを主体だとすると、あれだけ距離を離しているシンジと、大切にしているレイを接触させるのかなぁ。まぁ、ユイしか眼中にない人なんで何とも言えないけど。
・使途を倒した後で降らす血の雨や海が、何とも意味深な感じです。特にネルフ本部に降り注いだのは、今後の不吉さを感じさせるなぁ・・・。
ガチホモもといカヲルの言動から考えると、TV版と繋がっている、といよりも世界がループしている?あと、予想以上に早い登場から考えると、次回の“破”から話に絡むのかな。
・使途の番号がズレてるとか、リリスの仮面、あとその他諸々で旧世紀版(TV版とか漫画版も?)との違いがあるのは、リビルドした影響?
・で、色々と衝撃的だった“破”の予告。新たなエヴァ(デザインが結構違うので、慣れるまでしんどいかも)の登場、新キャラのメガネっ娘(新エヴァのパイロット?)、それに伴って予想されるシナリオの改変。あと、参号機がなんかバルディエルに侵食されてるっぽかったので、トウジが生き残ってくれるかどうかが非常に不安だ・・・。

 とまあ、大まかにはこんな感じ。流石に劇場にもう一度ってのはつらいですが、機会があればまたもう一度見たいですねー。ていうか、あんだけ格好良い戦闘見せられたらエヴァのキット買いたくなるじゃないか!(・・・・・・)

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/53-34e0da11

Comment

悪友K

いやぁ、もうやばいねあれ。今、復習終えたから、もっかい見に行こうかな~と思っているよ。
・・・・・・後半40分見に。
ぶっちゃけ映画があの40分だけでも、許せるよね。
でも、迎撃都市はもうニヤニヤが止まらなかった。あういうのってやっぱり男のロマンだよね。
  • URL
  • 2007/09/08 21:38

管理人

確かに後半40分はやばい!俺、この映画が終わったらDVD買うんだ・・・(死亡フラグ) でもさ、前半は前半で色々と面白いよ。旧世紀版との変更点とか比べると色々と意味深だしねぇ。
  • URL
  • 2007/09/09 20:08

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。