スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠が走る。

 明日のバイトは朝だけなんで、久方ぶりに昼からゆっくりできそうだ。しかし、今年はホントにマトモな休日なかったなぁ・・・や、理系四回生でバイトやってんだから当たり前だけど。まー、中学・高校どっちも部活で土日は無きに等しい生活送ってたから、逆に丸一日暇になるとどーも上手い事時間が使えなかったりする(苦笑) ま、どんだけ長くても大学生活はあと二ヶ月もないんだし、今年もあと三日程度行けば冬期休暇。とはいえ、その残りが色々と修羅場満載なんだけどねー・・・(遠い目)

【せめて言葉は残していけ】
 最近はようやっと落ち着いてアイマスMADを見れるようになったけど・・・やっぱ、どっか刺々しい言葉になってんなぁ(頭抱え) 今だにここに来て下さってる方で、読まれて不快になられた方には本当に申し訳ないです。どうしようもない奴ですが、もう暫くお付き合い下されば幸いです。


ゆうめいP。だから生誕祭にしちゃフライングだってのwww ダンス部分は昨年の生誕祭でも同ベクトルの作品だったわけですが、なんか更に派手になってる(笑) つーか、なんだよこのバカップルアニメはあぁあぁぁー!!(悶絶)


あおみP。懐かしい曲に思わず釣られましt(ry 悲しい記憶は降り注ぐ雨で流される事はないけれど、冷たい雨を一緒に受け止めてくれる人が今は傍にいてくれる。それは、本当に彼女にとって救いだったんだろう。悲しさはきっと消えない。でも、それを受け止めてなお今を笑って生きてる彼女に澄み渡る青空が続いて欲しいものです。しかし、背景の小ネタが把握しきれん(笑)


あかしP。あ、あれ、俺、この曲そこまで好きじゃなかったのに、なんなのこの胸のトキメキは・・・!?なんか動画付いたら破壊力メチャ上がってるんですけどー!?


ノンノンP。いくつかの作品の語りで自分なりの伊織像について書いた事があるんだけど、伊織はありのままの自分を見て欲しいという渇望のような感情もあって、けれど色々なものが邪魔をして、それを素直に伝えられない。でも、素直に伝えられないって思ってるという事は、裏返せば誰よりも本当は素直に伝えたいって事なわけで。色のない伊織と、鮮やかな伊織、彼女が見て欲しかったのは、どっちの自分だったんだろうね?


オンナスキーP。BUMPと聞いて飛んで来ましt(ry 繋いだ記憶は残っているから、寂しくても歩いていけるんだ・・・とかしんみりしつつ、こんちくしょーなんだよー俺もこんな幸せそうなバカップルになりてぇぞぉーっ!(血涙) 


誰かー!やよいにあったかいメシをー!! しかし、やよいが絡むとホントに千早はアホの子だなー(笑)


寝たフリP。これまたガチの立m@s作品・・・つーか、立木氏の楽曲ってガチなものが多いのかしらん?閑話休題。春香な夢、というコメにちょっと涙がががが。


なんかもうホントにね・・・この界隈で一々驚いてたら、こっちの身が持たん気がする(笑) こういう系統の演出って、色々な面白さがある反面、雑多な印象になりがちなんだけど、そこらへんの匙加減がいいなぁ。ていうか、小賢しい理論はいらんのだ、面白かったぜ!!


yotaP。おー、ホントに活動期だ(笑) んーしかしまぁ、逆に今のアイマスMAD見慣れてる人はこういうダンスシンクロ特化作品の方が新鮮なんかねぇ。自分なんかはこういうダンスシンクロ(+αの演出やエフェクト入ってる)作品の方が馴染みあるんだけど。まぁ、懐古主義者でも、現状を支持もしてない宙ぶらりんな人間だし、もうどっちがどうってのは無意味だろうから、いいけど。特定のPに対してしか騒がないのもしゃーないか。


じゃんP。やっぱ、この衣装と楽曲の組み合わせをじゃんPならやるよなぁ(爆) つーか、何処の過剰演出の音楽番組のステージですか、これは(笑) あと、後半からオマエらテンション上がりすぎだwww


カジカP。ちょっと早い目ですが、カジカPによる星占いシリーズ。そして、本作をもって、このシリーズは終了の模様。思い返せば、初見が二作目だったからわりと長い間追っかけてたシリーズになるんだなぁ・・・今では生誕祭関連動画では楽しみな作品の一つになってました。まとめ編も楽しみにしていますよ?


銀次P。色々な意味でいつも通りの銀次P・・・や、いつもより紳士成分多いかもしれん(爆) カットとか疾走感は凄いのに、それにあっさりとネタを挟み込んでるからなぁ・・・まぁ、それでこそ銀次Pなわけだけど(笑) つーか、今回は雪歩がいないから紳士成分多いのかs・・・って、雪歩誕生日、どうしよう・・・とか、言ってるタイミングじゃないっしょ!?


na-P。当時はそう気にならんかったけど、改めて聞くと何故にこの曲でEDやってたのが不思議なわけですが(笑)、こういった昭和アイドル風のステージやら雰囲気は似合うな、ホントに。てーか、同年代多いなぁ(爆)


ツッコミどころしか存在してないんですg(SLB つーか、どのへんが昔話やねんwww あと、まっすぐ万能説は最早他のジャンルでも共通認識な模様(爆)


うんこうP。何処のパロディモードだ(爆) ていうか、マジで何の祭だよ、これwww

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/542-4ae5202c

Comment

あおみ

いつも私の拙い作品を取り上げて頂いて有難うございます;;
年末の力作揃いの中でちょっと恐縮なくらいなのですが、とても嬉しいですー!

クリスマス前のみんな賑やかにやってる中にこんな重いテーマで上げていいものか…なんて思いましたが、こんな風に皆さんに見て頂けて良かったです。
ラストの春香さんの笑顔をいかに可愛く描くかが今回の最重要ポイントだった気がします。笑
  • URL
  • 2008/12/21 23:17

管理人。

 お久しぶりです、あおみP。
 年末に限らず、週末やらになるとどーしてこう作品数が増えるのか(笑) 嬉しい反面見る数が多過ぎて嬉しい悲鳴ばかり出ますよwww
 千早はストーリーを絡めるとどうしてもそういう要素が出てきますが、だからこそ幸せだったり、温かなモノをより強く想う事が出来るのかもしれません。本当に、これからの彼女には多くの幸いがあって欲しいものです。
 そいでもって、ラストシーンの春香さんに見事に射止められたんだZE☆(色々台無しだよ馬鹿野郎)
  • URL
  • 2008/12/22 00:09

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。