スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぱるぱるぱるぱるp(ry

 自分でMGシナンジュ(とユニコーン新刊)買って、自分にプレゼントしたぜ! ・・・かなしくない、かなしくなんかないもん!うわあぁあぁぁぁん!!!つーか、出費がマジで痛かったな、これ・・・(頭抱え)


やまかずP。765プロのアイドル達がカバーしたのは記憶に新しいですが、こちらは原曲ですね。やまかずP作品については、過去に何度もその魅力を拙い言葉ながら色々と書いてきたし、作風も一貫して作られてるので最早言える事などありませんが・・・本当に素晴らしい。歌い手の穏やかな歌声と、穏やかな光に包み込まれるあずささん。一つの物語が終わって、新たな二人の物語の始まりを感じさせてくれるかのような作品です。しかし、生誕祭でもないのに、思わず『おめでとう、あずささん!』とか言いたくなるつーか、完全に結婚式だ、これ(笑)


KIDP+友P。今となっては、懐かしさを超えてある種の感慨深さすら感じるわけですが(笑)、ニコマスから始まったこのウマウマもここまできたかー(笑) しっかし、ウマウマ系の作品も手描きだけかと思いきや、表現媒体や方法も多彩だったなぁ。


さとP。かつて千早がここまで直球のエロい幸せなラブ・ソングを歌った事があっただろうか!?的なカバー曲のPV作品ですね(その解説もどうか) 俺もこんなサンタさんに歌ってもらいてー!(切実)


柿P。朽ち果てた世界で歌い続ける少女は、何を信じてて、歌に託しているんだろう・・・なんて、そんな事を考える中二病。いつもの事ですね(殴 それはさておき。元々、インスト曲だし、歌詞も英語なんで、イメージ作品的なものだろうし、自分がどうこう語るもんでもなく、感じたものはただそうであるものなんだと思う。静かな世界で、歌を紡ぎ続ける千早の視線の強さに射抜かれた。


ダムP。去年の年末まとめあたりで書いたのですが、自分は千早作品はどっちかと言えば、所謂『萌えキャラ』的な作品から入ってた人間で、あんまりガチPVや抱え込んでるものを表現してるような作品は見てなかったんですよね。まぁ、その後は紆余曲折ありまして、千早という少女に触れていくようにはなったわけですが・・・その切っ掛けの一つの作品の再リメイク(自分が初めて見たのはリメイク版)なんで、再アップやリメイク作品に対して距離を置いてしまう部分があるのですが、ちょっとばかり感慨深いものはありますね。


ヨコハマP。はるるんの雪に願いをと聞いt(ry 春香の幸せそうなクリスマスイヴが見れて幸せな気持ちになるわけですが、それ以上に姉御肌のりっちゃんに惚れざるを得ない。ホンマにエエ女やで、りっちゃんは・・・。


vermicellP。合ってるんだけど合ってないようで、やっぱり合ってねぇwww や、確かに最後はとても綺麗に纏まってるんだけど、前半で色々持ってかれたwww くっそ、フリーダムなのに、なんて仕草が可愛いんだ、こいつらwww まぁ、やっぱカオスなんだが。


つかさP。このPさんもずっと音ゲー楽曲で作品を作ってこられたわけですが、今まではどっちかといえばポップな雰囲気だったり、コミカルさがある作品というイメージだったんですが、こういったクールというかシャープな作品がくるとは・・・でも、作品の根底にある柔らかさとカラフルな世界は変わらずにあるのが、いいねぇ。


方向性がおかしいP。出オチかと思いきや、中身も出オチの連続でしたとさ(笑) つーか、ホントにどっちに向かってるんだろか、この作品www 


わかむらP。あー、俺ん中ではどっちかつーと、やっぱこの雰囲気(≠作風)のベクトルのわかむらP作品には惹かれる傾向あんのかなー。って、基本的に格好良い作品にはホイホイされやすいんだがな(苦笑)  『Inside of mind』とか結構好きだったかな。まぁ、相変わらず、このPさんや作品に対する空気には慣れませんが、それでも以前よりは作品をちゃんと自分の目で見れるくらいには、なんとか自分も立ち直ってはいるみたいっす・・・まぁ、空気云々に関しては、もうこのPさんに限った話ではないのだけれど、ね。


おや~んP。サムネからにして出オチだ(笑) あかん、マッシュアップ以上にドットの動きで腹痛いwww


dodoP。残念(?)ながら、自分は元作品を見てたわけではないのですが・・・リアルタイムの世代が多過ぎだろがwww 色々な演出があって・・・などと言う事はできますが、どちらかといえば、元作品が好きな人だからこそ響く作品なんだと思います・・・色々な意味で(爆)


爽快P。選んだ曲も斜め上なら、表現手段も斜め上過ぎるwww まさか、作品そのものを全部静止画にしてパラパラ漫画的にやっちまうとはねぇ・・・元作品リスペクトもあるのでしょうが、そこはかとなく、どっかのPの影響が見られる気がしないでもない(笑) つーか、映像のチョイスがネタ満載過ぎて吹くわwww


ヨルP。らしいっちゃ、らしい祝い方だけどさぁ(笑) まぁ、雪歩の生誕祭は聖誕祭でもあるから、一石二鳥っちゃ、一石二鳥か。相変わらず、二人らしい姿を見れて良かったぜ!”これから”は多分本人も迷ってて分からないだろうし、色々な事が重過ぎてると思うから、これ以上はまだ言わない。でも、走り続けるのなら、いつだって追い掛けていくぜ!つーか、あんだけ長文書いた後だから、恥ずかしくて素直になれない俺ってツンデレですn(きめぇ


かのP。はい、冒頭のアピールの連続で即死でし、た(吐血)


SUSP。テロップが痛い、痛過ぎる・・・! もう止めて、俺らのライフはゼロだ!!(脱兎) そう、君だけを俺は愛してr(ぐちゃ


翼P。同じ発想としては、かつてのピヨちゃんカラーの事務員雪歩で小鳥さんに見立てるってのがあったけど・・・しっかし、強引つーか力技過ぎるwww 前にオーバーマスター作ってたし、製作中のKisS
も楽しみだねぇ・・・961プロ楽曲で一番のお気に入りだし。


怒首領蜂P。何回オチれば気が済むんだwww
 

2bP。マッシュアップとしてはかなりガチな出来で、ホラーっぽさがありながらも、格好良さもあるわけですが・・・春香さん、マジで怖いです((((;゜Д゜)))


特にこれといったネタ要素もなく、また上手い歌い手さん達による綺麗なメリーなんだけど、キャプションと衝撃の事実に、この裏で繰り広げられている腹の探り合いが怖えぇぇwww


すたぁP。この時期に、この歌で、この替え歌とか・・・!(涙) 皆のコメント見てたら、涙がががが。しかしなんだ・・・IT関連の企業選ばなくてホントに良かったわぁ(殴)

Pagination

Trackback

怒首領蜂 大復活(初回限定版:特典アレンジCD、「怒首領蜂 大復活Ver1.51」ダウンロードトークンカード 同梱) |ケイブ from ベストアンサー

怒首領蜂 大復活(初回限定版:特典アレンジCD、「怒首領蜂 大復活Ver1.51...
  • 2010/09/19 08:51

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/547-95fccd68

Comment

ヨル

ちわっす!
クリスマスなんてもんがあったので、相変わらずな春香と一緒に戻ってみたよ!
  • URL
  • 2008/12/24 23:35

管理人。

 コメントが相変わらず早いってば!www てわけで、感想で色々書いたよ!
  • URL
  • 2008/12/26 02:07

RDG

それなりに集めたスーパー紳士タイムは楽しんでもらえたでしょうか?
  • URL
  • 2008/12/26 13:56

管理人。

 それなりどころか、大半が紳士系な気がするんですがwww ていうか、紳士映像に俺が釣られると思ったk・・・サーセンwww
  • URL
  • 2008/12/26 23:55

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。