スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無節操と書いてフリーダムと読め。

【劇場版】
 ようやっとエウレカの映画の続報が出てきたんだけど・・・これまた、えらく思い切った方向に舵切ったもんだねぇ。てっきり、TV版の再構成かと思いきや、完全新規の世界観だそうで、えー、レントンとエウレカが幼馴染で、ドミニクが二人の先生で、幼少時にエウレカが軍に連れてかれて、レントンはエウレカに会う(取り返すだっけ?)為に、軍に入って愛機ニルヴァーシュを駆ってる・・・だったけか?(うろ覚え) しかも、コーラリアンとはまた違った謎の生命体との戦いもあるとかなんとか。いやはや、TV版終了から3年になるわけですが・・・や、これマジでどんな話になるのやら?
 しかしまぁ、最近は本当にこういうTVシリーズ→劇場版って流れが増えたねぃ。見たい見たいって思いながらも見れなかったグレラガも気が付けば螺巌篇の情報も出始めて、マクロスFもいよいよ動き出したって感じで、ヱヴァも序を見た以上は破も見たいし、あと何処ぞの機動戦士と化してるなのはあるし・・・見たいもんばっかり増えてくなぁ。ところで、全く話を聞かなくなった種運命はどうなt(ry

【やっぱ、平日は一冊が限界か】
 あと何冊書こうかなー?んー、候補はいくらか絞ってるんだけどねぃ。しかし、俺ってば本当にレビューとか書けない人間だなぁ(駄

〔鬼和神 / いよかん。〕

時間軸的には風神録前で、幻想郷に来た早苗、神奈子、諏訪子らに萃香が”挨拶”に行くのだが・・・まぁ、幻想郷で挨拶がただの挨拶で終わるわけもなく、萃香vs諏訪子のガチンコのバトル漫画。で、そのバトルシーンが、神vs鬼という、これがまた肉弾戦ありの弾幕ありの迫力ありまくりってレベルじゃねーぞ!ってもんで、買った本の中でも屈指の戦闘でした。が、個人的には戦闘と同様に、あるいはそれ以上に萃香と諏訪子の表情の落差にぞくりときた。基本的に東方というのは何処か楽観的な空気が漂ってるのだけど、だからこそ、瞬間で空気を反転させるかのような言動や視線が半端なく怖く、その冷えた空気の中でも次の瞬間にはあっけらかんと笑ってるあたり、流石幻想郷に生きる者って事ですか。まぁ、そんなシリアスさと同様に、可愛い姿を見せてくれるあたりも、流石だわ(笑) あ、ちなみに同人誌としては極めて稀な、完全に袋綴じされた本になってるので、綺麗なままにしたいんじゃー!ってな人は複数冊買ったほうがいいかもしれません(苦笑)

【言っても仕方ないけど】
 数字にしても、見てる側の意識もなんというか・・・どっか歪な構造になってる気がするんだけどねぃ。仕方ないと割り切りたくないけど、割り切らないとやってけないのかなぁ。でもそれはやっぱり、悲しいもんだよなぁ・・・。


つかP。ありゃ、りっちゃんではない作品のつかPって珍しい・・・というよりも、春香は初なのか。まぁ、色々と言いたい事はあるけど、こんなあったかい作品が見れただけで幸せで、それこそ伝えたい事は『ありがとう』に全部詰まってる。まー、悲しい事も寂しい事も増えたけれど、それでも一人でも多くの人が、”彼女達”と接して、楽しい時間を過ごしてくれればいいなぁって思うんだ。


つかさP。以前にも似たような事を書いた事があるのですが、ポップな演出を用いた音ゲーMADを作られるPさんで、そのポップさは楽しさと共に、何処となく柔らかさみたいなものがある気がするんだよなぁ・・・そう感じるのはパステルカラーの温かな色彩によるのかもですね。てか、カレンダーの演出いいなぁ。


二階堂P。やはり、この二人のステージはいつでも魅せられるなぁ。現実のステージでは定番でありながらも、ニコマスでは意外と見ない演出の一つに、スポットライトがあるわけですが・・・これがあると、雰囲気が凄くホールっぽくなって、それがまたこの二人に良く似合う。なにより、終わりの余韻が凄く良かったなぁ、と。


ヨルP。珍しい選曲・・・もだけど、そーいや、ヨルPの春香で白系統の衣装(制服除く)って、かなり珍しい気が。キャプションにもありますが、ヴォーカルの伸びや透明感の気持ち良さと良い感じにマッチしてるなぁ・・・・あと、最後の動作の可愛さに全俺が死んだ。


ソラリスP。まーリアル世代ではないものの、バブル時代は映像としては見てたりするわけで、確かにこんな雰囲気だわwww そんでもって、やっぱりこれ系ではあずささんはセンターですかいwww


ちょ、長えぇ!?てわけで、ゆっくりと見てくるぜぃ!


麦茶P。確かに今までにも似たような合成衣装やら、アクセント的な演出として似たようなもんはあったけどさぁ・・・徹頭徹尾、パンツじゃないから恥ずかしくないもん!をオールスターでやるかwww


前にちょいと書いてたメガハウスの美希と雪歩のフィギュアっすね。造形的には文句なしの出来なんすが、顔が絵師さんの特徴が色濃く出てるんで、そこらへんで評価変わるかなー。美希はマックスファクトリーの出来が良かっただけにねぇ。とはいえ、意外と立体化には恵まれないアイマスで、しかも全員出そうなシリーズなんで、色々と期待。


突き抜けた馬鹿は格好良い。 はい、これ重要ねー。しかし、109枚とかやってられんわwww まぁ、デカールとかも似たような枚数にはなるんだけどねぃ。


ニット帽P。とかち未来派氏の音源をサンプリングした作品・・・ていうか、最早とかちの声が楽器と化してるじゃねーかwww 

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/565-cd4bea9f

Comment

ヨル

おぉ、そう言えば白系の衣装って少なかったなぁ。
衣装ってどうしても自分の好きな色ばっかになってしまうんだよねぇw

しかし、春香はどの表情を見ても良いなぁ。
可愛すぎるwww
  • URL
  • 2009/01/11 00:45

管理人。

だねぇ。黒のDa衣装(たまに赤とか青)か、制服ってイメージ強かったから、ちょっと意外だったけど、曲の雰囲気にばっちり合ってるから、意外な一面を見れて良かったと思うんだ。まぁでも、わりとヨルPは、”楽しそうに踊る格好よい春香”だったから、ラストの直球の可愛い仕草はヤバかったぜ!
  • URL
  • 2009/01/11 23:45

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。