スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緋想天とぱちゅコン!で休日が終わりました!(・・・)

 そんなこんなで、緋想天プレイ中。イージー(と一部キャラでならノーマルでも)でならノーコンクリアできるようになったものの、未だにシステムを把握し切れてねぇ(汗) てか、萃夢想の上位版かなとか思ったら、殆ど別のゲームだなぁ。つーか、格ゲーよりも一種のアクションゲームと考えた方が良いのかも?しかし、ストーリーモードの敵スペカ、一部のものは萃夢想のものより更に理不尽になってる気がするんだが(爆) 対処法が分からんと、マジで瞬殺されるなぁ、今回。とりあえず、ノーマルで安定してクリアできるようにはしたいですねぃ。しかし、緋想天のストーリーモードの紫様、ハンパなく怖いっす(汗)


鳩P。結婚といえば、往々にして当人達あるいはその両親にとって特別なモノとして描かれるけれど、たとえば、兄弟姉妹にとってもそれは掛け替えのない人を送り出すものでもあって、それが文字通り自身の半身でもある双子だったら、それはこの曲で唄われてる恋人を失うような感情に近いのかもしれません。黒帯によって、意図的に歌ってる人物を亜美真美のどちらかで明確にしていないのですが、その感情はどちらにとっても同じなんでしょうね・・・それに伴い笑ってるように見える表情も、本当は泣きたい気持ちを隠してるような、そんな印象を受けるなぁ、と。


眼が根っこP。デビューおめー!基本的に春香と美希のダンスPVですが、タイトルにもあるとおり、所々に手描きイラストを挿入してるわけですが、そのイラストが二人の学生生活の一面を描いてて可愛いんだな、これがwww しかし、手描きアニメ部分で歌うのは何故にあのキャラなんだwww 手描きシーンだけでなく、ダンス部分も楽しい雰囲気で良かったですよー!


HPHP。春香と律子という、これまたレアなペアですが、確かに声質の近い(というか、りっちゃんは中の人)なぁ。様々な彩られた光のステージとダンスが心地良い作品ですねぃ。


蒼い子P。自分、ウテナははっきりと見た事ないんすが、なんとなーく、宝塚的な印象があった作品で、そこらへんのイメージからか、額縁内で踊る春香が、一つの絵画であるように見える、のかもしれません。


さいふぉんP。光加減の関係か、何処となく柔らかい雰囲気と、楽しいダンスによる可愛らしい作品ですねぃ。んー、サビの走ってく動きが良いなー。


星の王子様P。ゆるい雰囲気に癒されるなぁ(笑) やよいは鉄板として、こーいう雰囲気も美希は似合うんだよねぇ。あー、可愛いねぃ。


柏城P。というわけで、やってきてしまった完成版(爆) 予想通りのカオスっぷりというか、予想斜め上行き過ぎだwww ていうか、人じゃねぇモンが踊り過ぎな上に、まさかの左手シリーズ参戦www あと、社長は自重しろ(笑) 


おとべや氏。所謂一つのFC音源風てってってー。いくつかアイマス関連の作品も作られてるものの、基本的には色々なジャンルの作品を作れてる方みたいですが、やっぱ、アイマスつったらこの曲って認識なんかなー(笑)


どろっP。というわけで、7月デビューPの合作公開告知動画・・・なんだけど、もうホントに企画とか合作がしょっちゅうあるから、どれがどれだか分からんわ(苦笑) 今は新着で片っ端から見てるからいいけど、やっぱりまとめってのはこーいう時には重宝するんかねぇ。しっかし、ホントにやよい好きだな、アンタ!(爆)


さいP。確かにね、ニコマス、ヴォカロ、東方の三ジャンルによるコラボ作品だけどさぁ・・・どれ一つとして原作まんまで使ってねえぇえぇぇー!www


ねんどP。最早何も言うまい(爆) それにしても、製作時間も投稿時間もアホ過ぎるwww 流石期待を裏切らない人だ(笑)


なんでソフト発売前にPV作品が出てるんだか(笑) まぁ、こっちも961プロの時、ノベマスではエラい祭になっとったけどねぇwww


ちょい前に発売されたマックスファクトリーの美希のPVC塗装済み完成品。美希・・・というよりも、アイマス関係のフィギュアだと最高峰のデキなんじゃないかな、これ。公式のあずささんも捨てがたいけど、あれは期間限定の受注生産だったし、今じゃヤフオクぐらいでしか手に入らんからなぁ・・・こっちは今でも手に入るので、美希スキーなら買っても損はないっすね。しかし、メガハウスはシリーズ化しそうだけど、こっちでも展開して欲しいんだけどねぇ。


さいちんP。今回はデカール編。わりと作ってみた系では、デカールの作製手順はあっても、貼る手順はすっ飛ばされる事が多いので、参考にするのもアリっすね。つーか、俺もメサイア早く完成さえよ・・・。


俺が本格的にアイマスに首突っ込んだのが去年の夏で、最初に買ったのがC4U!だったけか。で、その後出た期間限定シングルは大概買ってる(アルバムは金銭の関係でスルー)し、のめり込んだ直後に関連楽曲は調べたから、大概は分かるものの、ラジオ・・・というか、中の人名義はさっぱりだなぁ。ニコマスで使われたもんなら分かるけど。しっかし、今のニコマス視聴者ってMAの存在を知らない場合も多いわけで、悲しいかな、ニコマス好き≠アイマス好きとは限らんのかもねぇ。まー、別に関連商品知ってることがそうってわけでもないんだけどさ、少し寂しいかな、それは。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/568-73544910

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。