スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前すら分からなかった星々を眺めたあの夜空を今でも探しているのだろう。

【某Pに捧げるために、無駄なまでにデカいサムネです(爆)】
 とりあえず、本体のみ・・・というか、今更コイツに関して書く必要があるのかしらん?(苦笑) オオワシおよびシラヌイパック未組立てだけど、本体のみで十分に格好良いので問題なし!(あとで組みますが) そんなこんなで、種運命の無印1/100よりアカツキガンダム フルセット。同シリーズの事実上最後のキットであり、後期キットで行われたビークラフトアレンジの集大成ともあって、スタイル、ディティールともに無印1/100では最高峰のデキではないかと。特にこのキットでは、金メッキ仕様ともあって極力合わせ目が出ないパーツ構成やアンダーゲートを採用しており、簡易MGといっても過言ではないキットで、特に上半身については肘に二重関節を採用するなど良く動きます。ですがその反面下半身、特に股関節の可動範囲が少々残念なのも後期キット共通の難点。元々のスタイルが良いだけに、ハデな格好で飾れないのが勿体無いところ。本格的に改修しようと思えば、6825円という高額の源であるメッキを剥がさざるを得ならなくなります・・・まぁ、メッキ仕様の宿命ともいえますが。とはいえ、問題となるのはその辺ぐらいで、スタイル良好な上に金ピカなもんだから素立ちで十分過ぎる程映えます。そりゃもう眩しいぐらいに(爆) オオワシ、シラヌイ両パックも付属する上にMGのストライカーパックも装着可能なのでプレイバリューもありますし、決して無駄に高いだけのキットではありません・・・懐に痛いのは変わらないですがががが。
 前述の通り、金メッキを剥がすのは非常に勿体ない上に手間も掛かるし強度も下がるので、あまり派手に手は加えてません。そんなに必要もないしね。とりあえず、手首をMGストライクのものに換装してます。アカツキの甲のパーツがMGストライクのそれとそのまんま交換出来たりと、素組み派でもかなりお手軽にやれるので、1/100アカツキでは殆ど必須ともいえる改修ですね。
 あと、自分オリジナルの改修(といっても、既にやってる人はいると思いますが)としては、股関節部分の可動範囲拡大の為に、太腿側のポリキャップ(PC-B)をMGストライクのポリキャップ(PC-15)に交換しました。実は両ポリキャップの直径および深さは全く同じなんで互換性がかなり高かったりします。もっとも、無加工ではMGストライクのポリキャップの出っ張りが干渉するので、その部分は削り取ってますが。この改修で左右の開脚に関してはMGストライクに近いレベルにまで持ってけます。とはいえ、この改修で効果が高いのは左右の方向のみで、前後の動きが加わると流石に見劣りしますが。ここらへんは、MGに比べたときの股関節軸の短さや、リアおよびサイドスカートが干渉するなどといった部分も絡んでくるので、メッキを生かす上では致し方ないところです。しかも、足首が無印1/100相当なんであんまり開脚出来ませんし。と、可動範囲の拡大に関してはやや効果は薄かったのですが、この改修で大股で開けるようになり、かなり力強い素立ちが出来るようになるという嬉しい誤算。無印よりはポージングがさせやすいので、パーツ余ってるなら試してみても良いかもですね。
 あと、お遊びとしてMGストライクのビームライフルを持たせてみたり。元々アカツキのビークラフトアレンジがMGストライクのラインを踏襲したり、設定上でもモルゲンレーテが関わってる機体なんでそんなに違和感なかったり。可動手首では保持力に不安がありますが、そのあたりはアカツキ付属の手首でヒャクライは当然ながらこっちのライフルも持てるんで問題ないですしね。某Pが事ある事にMG化まだかー!とか切実な声をあげてますが(爆)、MGストライクとセットで購入しとけば十分にMGに匹敵するキットになりますぜ?んでもって、MGストライクはバリエーションが大量にありますが、買うならストライクE+IWSPだと付属品大量にあるから、そっちお勧めかなー。ストライカーパックだとIWSPが一番似合いそうだし。あるいはパーツ請求しても良いならMGルージュでカガリ搭乗機で揃い踏みも出来ますしね。
 本体だけだとやはり寂しいのでオオワシパック換装。シラヌイパックは兵装がドラグーンなのでエフェクトパーツがないと絵的に映えないということで、とりあえずコイツのみで。本体と同様にコイツの出来もMGのストライカーパック並で、構造がMGよりも簡易なのでメンテのし易さとか考慮すると出来はこっちのが良いかも。装備すると肩の可動範囲が制限されるのもエールストライカーと同様ですが、デザイン上しゃーないですな。しかし、太腿の改修で可動範囲の拡大はそこまで効果はなかったものの、安定性は格段に上がってんじゃなかろーか、これ?(自画自賛)

【幕引きは自分の手で】
 語りたい事はかくも多くとも、その為の言葉はあまりに少ない・・・ていうか、誰か俺に文章力下s(黙れ


防波堤P(仮)。『じゅもんをあげるよ』の手描きPV作品。なんともやよいらしいというか、見てて元気になる笑顔が素敵なんだぜ?


つかP。律子は天性の才能で生きるアイドルではない。勿論、律子の能力は十二分に高いし、才能のみで生きていけるほど甘い世界ではないが、才能という資質が占めるウェイトは決して少なくはない。それに、律子は良くも悪くも現実的な娘で、他の娘のように頑張ればいつかは報われるなんていう、甘い大嘘なんて信じちゃいないだろうし、自分の限界だって薄々と気付いてるのかもしれない。それでも、いつかは必ず目指した場所に辿り着こうと、色々なものに躓きながらも、今日の自分に出来る事を何度だって繰り返す彼女が好きなんだろうと思います。才能なんて武器はなくても、諦めない彼女は、自分達に一番近くて、でもだからこそ眩しい存在。


びわP(仮)。(・∀・)ニヤニヤ


ルゴールP。おぉ、KisSのアレンジとは珍しい・・・って、あのルゴールPがメタルなアレンジですとぉ―!?


ぷっつんP。以前に『フタリの記憶』を作られた方で、伊織のプロデュースを終えられて、その過程を描いた作品。伊織作品としてもですが、やはりぷっつんPのプロデュースを見続けてきた人にこそ、響く作品なのかもしれません。


ヨルP。歌詞に託した作品で、そこに何を感じるかは見る人次第なわけですが・・・そだねぇ、俺はこの歌のように、そこまで他者が同じ想いを抱いてるだなんて信じてはいないし、普段言ってる事なんて自分でも奇麗事だと思って信じちゃいないけれど、それでも、そんな綺麗事が本当にあればいいな、と信じてはいたいと思う。


いっぺいP。あぁ、そのイメージすっげぇ分かる(笑) 確かにテンポ速いイメージあるなぁ、このアレンジ。L4Uのアレンジって新録じゃないから、歌声と楽曲のリズムに若干のズレあるしねぇ。てか、休息自重しろwww


ヨナP。駄目だこの貴音さん、早くなんとかしないt・・・って、どいつもこいつも駄目だー!?


木彫り熊ならぬ木彫りのヮのさん!? って、それはいいとして、歌が色々と酷ェー!?んだけど、声が良過ぎるwww


GrayP。モンハンのアレですな(笑) 寝るか食うかのどっちかにしろ、美希www

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/602-e54c3d38

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/02/19 00:18

管理人。

 憤怒とか悲しいとか以上に・・・もう、寂しいとしか言えないよ。なにがって、こういう風にしか、物事に接せられない人が。こんなことが溢れちゃってたら、楽しい場所なんて続くわけがないのに。
  • URL
  • 2009/02/21 01:17

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。