スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月一杯はコレだけでネタが続く(マジで)

 そんなわけで、折角アホみたいに例大祭の新刊買い込んだんで、つらつらと雑感などば。しかし、本気で自分でも呆れてしまうくらいに買ってしまってて、未だに殆ど読み切れてぬぇー!(どんだけ買い込んだんだ、アンタ)(諭吉さん4枚以上分)(あくまでも新刊分のみで)(本当に実話)(・・・うわぁい) というか、例大祭つーか東方ジャンルを甘くみてた・・・や、こうなるのは分かってたから、数年前から様子見しつつも同人誌だけは手を出さなかったんだが、な(頭抱え) や、いくら(他のジャンルと比べても)東方Project最大のオンリーイベントとはいえ、まさかここまで出費が嵩むとは。冬コミやら紅桜夢やらと同様の感覚で買ってたら、いくら資金があっても足りやしないつーか本気で財産すっからかんなわけですがががが。とりあえず、今度からは自制しよ・・・この調子でやってたら、洒落抜きで破産する・・・!まぁ、今回は学生生活最後の褒美つーかお茶目って事でいいですk(マスタースパーク!

〔天と大地を結ぶ想い / Sacred Spell〕

 緋想天の騒ぎもあって、地上の人々に自身の存在を知らしめたものの、今だに憧れた地上に受け入れられずに天界にいる天子。そんな天子に萃香は宴には必ず呼ぶという”約束”を交わす。だがしかし、地上に降りた天子に対して、紫がかつてと同じ言葉で天子を拒絶する――この大地から往ね、と。かくして、比那名居天子と八雲紫が再度激突する――!
 天子と萃香、そして紫の三人を主軸に置いた緋想天のその後のお話で、緋想天の紫シナリオでの紫の激怒っぷりに慄いて、かつ天子の動機がアレなだけに、さてどーなるんだろなとか思ってたわけですが・・・や、これは天子に対する認識を改める良い一冊になりました。そもそもにして、天子が異変を起こした理由は退屈な日常に飽いて、自身の起こした異変を誰かに解決しに来てもらって退屈を紛らわすという”異変解決ごっこ”だったわけで、まぁ自分も真相を知ったときには”なめんとんのか、コラー!”などと思ったわけですが・・・ただ、そうまでして、変化が欲しいくらいに、天子がいた日常ってのは停滞していたんだろう、と。天人はなんでも毎日歌って踊るだけで良い日常を過ごしてるらしいのですが、果たしてそれは本当に幸福で満たされた自由な日々なのかな、と。退屈は人を殺せるとは良く言ったもので、究極の自由とは不自由であるのだろう。そんな希薄な日々が嫌で、”生きている”と実感したくて、なにより鮮やかに生きている幻想郷の人々と”繋がろう”と、ボロボロになっても手を伸ばす天子の姿が響く一冊で、天子好きな方には是非読んで欲しい一冊ではないかと。まぁ、てんこはまずはもっと素直な言葉で喋ればいいのになーと思うわけですが、ぽろっと出る本音もそれはそれで美味しいよな、と思ったりする(爆) ていうか、てんこ本はドSホイホイがデフォなんで、こういった真面目に天子を描いてる作品は意外とレアなんだよなー。ドMなてんこもそれはそれで面白いけど、こうやって原作の雰囲気を大切にして、自分なりにキャラを掘り下げる作品がやっぱり好きですね。
 あと、巻末のおまけでパチュリーとレミリアの四コマがありますが、とりあえず、あのカリスマブレイクしてるおぜうさまを誰かなんとかしてくれ(爆)

〔プラスチック・ハート SPECIAL EDITIO / ロケット燃料★21〕

 もうなんか、内容書くのもアホらしくなるくらいにダダ甘のラブコメ漫画(爆) どんくらい甘いかというと、チョコレートケーキに山ほどクリームを乗せて蜂蜜をたっぷりかけた上に砂糖をブチ込んだくらいかな。この甘ったるさは流石としか言えねぇぜ・・・!本としては以前発行された『プラスチックハート』(合同先のまるちら氏の話もお勧め)の続編を含めた完全版で、全ての話を収録されてるので、特に以前の作品読む必要性はないです。んで、内容の方ですが、両想いにも関わらずアリスとパチュリーはお互いの想い人が魔理沙だと勘違いしていて、互いに相手には幸せになってほしいと思いながらも、やっぱり自分に振り向いて欲しくて・・・あかん、ホントに書くのがアホらしくなってきたな、これ(爆) で、魔理沙は魔理沙で霊夢にゾッコンなわけで、その霊夢さんはというと、一目見ただけであっさりと三人の現状を把握した上で、アリスとパチュリーの仲が進展するようにきっかけを作ったりと、もうなんか恋愛上手ってレベルじゃねーぞ!なわけですが、そのきっかけがどう見ても69でしt(マスタースパアァアァァク! ていうか、この二人はこの二人でイチャイチャするわちゅっちゅするわで、とりあえず、読んでニヤニヤしときゃ良いのではないかと。あまりの初々しさと甘さに読んでて死ねる。ていうか、これ読んでるときの顔は人に見られたくない(爆) あと初恋クレイジーの再販は期待してもいいんですk(もう諦めろ

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/619-a1721c5c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。