スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度でも、何度でも、何度でも!

 ほんと、色々喋りたいのに、それを伝えるだけの語彙も時間もありゃしない。瞬間最大風速を毎度毎度叩き付けては加速していく物語に、振り回されて落とされないように付いていくだけで毎回手一杯。何処へ行くのか、何処に進むんだ、何処まで突き抜ければ気が済むんだお前らは!と、そう慌てる視聴者をなお無理矢理にでも引っ張って、駆け抜けて駆け抜けて駆け抜けきって、辿り着いた最終回。
 語りたい事は多く、感じた事はそれよりなお多く、されどもそれらを伝えるに足る言葉はあまりに少ない。だからこそ、感じた事全てを伝え切れるまで、声が枯れるまで、いつかあの背中に追い付くまで、今はただ目の前にそびえ立つ壁をブチ抜いてやる。

 ああもう、色々たまってますので後日色々吐き出したと思います。が、今は何であれスタッフの皆様方には感謝の言葉を。そして何よりグレンラガンという作品に最大級の賛辞を。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/62-1d370086

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。