スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刃蒼獅子。

【その姿、疾風の如く】

 世間様ではHMMジェノブレイカーのレビューだろうに、今更ながらHMMブレードライガーなぞをやってみる。というか、積みプラ崩しと、先日ジェノブレイカーを買ったこともあって、ずっと積んでたブレードを組んだだけなんすがね。発売からそれなりに経過し、既に各所で紹介されているので特段記する必要もないのですが、HMMシールドライガーに比べて各部のパーツが大型化している事もあって、HMMシールドライガーで感じた線の細さが解消されています。タカラトミー版ブレードライガーからデザインやディティールのアレンジも程良い具合に加えられており、匙加減としてはHMMシリーズでは一番良いかもしれません。可動範囲も動力を介しない純粋な可動モデルだけあって、四足獣のように踏ん張った動作や勢いのあるポージングを付ける事が出来ます。もっとも、フレームはHMMシリーズの初期キットであるシールドライガーのソレですので、現行の最新キットであるセイバータイガーに比べると若干見劣りしますが、そこまで無茶なポージングしない限りは十分でしょう。ギミックに関しても、タカラトミー製のものを継承しつつも可動箇所の増加によってポージングが付けやすくなり、また名称の由来となったブレードも大型化および基部の伸縮機構によってハッタリっぷりが凄い事になってます。
 ブレードライガーのモデルとしては最高峰のキットといっても過言ではないのですが、気になる点がチラホラと見れてるのも事実で、パーツ同士の合いの悪さやダボの精度などによるパーツの分離や可動部が非常に外れ易く、ポージングさせるのも一苦労。最近のスパロボキット(リーゼとかラインとか)では改善されつつありますが、躍動感溢れるポージングが売りとなるゾイドなだけに、分離に関しては何とか手を打ちたいところです。とりあえず、気になる箇所を接着剤で接着すれば問題ないかと・・・ただ、可動部が外れ易いのは無茶しないようにするしかないかなぁ。あと、コトブキヤキット特有の小さいパーツや非常に細い可動軸があって下手に力を加えると速攻折れます・・・ていうか、俺も尻部のブレード保持用パーツが折れました(涙) 真鍮線での補強も中々に難しいものがあるので、これはコトブキヤキットのハイディティールおよびスタイルと引き換えと諦めるしかないかも。
 現在は限定流通でレオン仕様の赤いブレードライガーにてアタックブースターも立体化されてるので、塗装出来る人ならバン仕様のアタックブースター装備のブレードライガーも再現出来ます。というか、アーバインウルフも発売決定してるし、そのうちバン仕様でもキットされそうな気がしないでもないなぁ。あと、一応タカラトミー版のアタックブースターもちょっと加工すれば取り付けられる模様。ただし、ディティール面で大きな差異があるので、若干厳しいものもありますが・・・。
 まぁ、コトブキヤキットということでプラモ初心者さんにはあまりお勧めしませんが、ガンプラを幾つか組んだ事がある人なら問題ないかと(それでも相応に手間掛かるけど) しかし、ここまで格好良いブレードライガーが手に入るなんて思いもしてなかったなぁ(元々タカラトミー版も決して悪いキットではなかったけれど) 無印ゾイドは自分がこの道に首突っ込む事になった切っ掛けの作品だった(バンフィー好きだったのです)し、ブレードライガーという機体は主役機やデザイン的な格好良さとしても惚れ込んだ機体であり、またキットや劇中でもシールドライガーを元にした機体という事もあって、『ゾイド』としても旧ゾイドと平成ゾイドを繋ぐ機体でもあるなど、名実共に平成ゾイドを象徴するゾイドの一体です。と、色々な事を言ってきましたが、無印ゾイドを見ていた世代にとっては堪らないものがあります。買って損はないというか、むしろ買え。と力一杯お勧めしてやる(笑)

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kyougetukazami.blog7.fc2.com/tb.php/623-a8fce34b

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

鏡月風海

  • Author:鏡月風海

検索

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。